タグ:焼き菓子 ( 27 ) タグの人気記事
ショコラなピーカンナッツのクロッカン
croquant aux amandes Pecan et chocolat

a0196251_10130623.jpg


お菓子を作っていると卵白が以上にあまったりして消費に困るのもしばしば。。。
フィナンシェを焼いたり、ダックワーズ、マカロンの練習をしたりなどなど

今回はまたまた作ってみたくなった「クロッカン」
フランスの卵白のお菓子で「カリカリ」という意味があるようです♫


「カリカリ」の意味なのに、
カリカリのものと中が外がカリっ、
中がモチネチっとしたのと出来てしまった(^_^;)

きっと作り方を変えてみたのも理由の一つかもしれないけれど、
これはこれで、美味しい〜〜♡

珈琲と一緒にいただくとよく合って食べると止まらない。。。
ウバなどの茶葉を濃くだしてミルクティにしても相性よいかも。

まだまだ卵白はいっぱい。
さて、前の作り方にしてフリーズドライのフランボワーズでも入れて作ってみようかしら。
何となく、バレンタインっぽい。。。


by orangeleaf-an | 2016-01-26 10:17 | お菓子 | Comments(0)
Tarte aux poires et aux noix.
落葉も美しいです


a0196251_02443500.jpg

歩いていると目にするのが、地面いっぱいに広がっている色とりどりの落ち葉
楓、もみじ、銀杏の葉
まるで、そこだけを見ていると映画のワンシーンのようです(*^^*)

さて、この時期になると、焼きこんだタルトを食べたくなってきます。
洋梨、林檎、木の実、マロン・・・。

りんごは年中通して見かけるので、まず洋梨のほうに目がいってしまいます。
沢山の種類があるので、色々と食べ比べも楽しいです(*^^*)



さて、久しぶりにキャラメリゼしたナッツを作りたくなりました。
パクパクと食べだすと手が止まらなくなる危険なおやつ。。。

a0196251_02440535.jpg



消費の意味と秋らしいタルトということで、

♫caramelized nutsと洋梨のタルト♫


a0196251_02442631.jpg

ノワゼットを入れたシュクレ生地にキャラメリゼしたナッツ、
アーモンドとヘーゼルナッツのダマンドを入れ洋梨をのせて焼きこんだタルト

Pearの風味とキャラメルナッツのカリッとしたのが
ふんわりしっとりのダマンドと合い美味しいお菓子が出来上がりました♡



a0196251_03032068.jpg








by orangeleaf-an | 2015-11-11 03:05 | お菓子 | Comments(2)
Weekend Citronでほっこり at Milano Espresso Lounge

レモン風味のウイークエンド♬を持って・・・

a0196251_14300340.jpg

こちらに戻ってきてからは「忘れてはならぬ(・_・;)」という思いで日々お菓子作りに励んでいます!←(な~んて言えたらいいのだけど・・・) 


先月の東京マラソン(私は応援部隊)から戻ってきた数日後

友人達とランチをすることになっていたので、お持たせにとWeekend Citronを作りました♬


a0196251_14303942.jpg

バターを使ったお菓子で

泡立てた生地に溶かしバターを入れていくというもの。

作り方、配合など基本的に同じでも作り手さんにより、砂糖の量であったり、お粉の配合具合、クリーム使用かサワークリームか、

などなど。。。十人十色です。


a0196251_14302045.jpg


さて、ケーキ作り♡

同じものを2つ作ればよいのに、材料の一部を変更して違いがあるか?どうか?を知りたくって、一部を変更、置き換えて作りました。

生クリーム全量のと生クリームとヨーグルトを合わせたものと。



お味見する以前に違いが・・・。

作り方もまったく同じにしているのに、泡立て具合でしょうかね。

生地の出来上がりが全く違うものに!2度目の時は型もパウンド型ではなく、クグロフ型なので正確な比較は出来ないものの、

型に流し込む段階で生地の違いが歴然でした(-д-;)


焼き上がり後、グラスアローとピスタチオでオメカシしてランチの場所のあるガスタウンへGo(^-^)



a0196251_13500005.jpg



ランチはマタニティの方でもゆったりと座れるお店ということでShirakawa



a0196251_14305814.jpg

以前も「ソースを別のものに」とワガママを聞いてもらい、今回も前回のように伝えると逆に「下ろし大根にポン酢も出来ますよ^^」との事

それなら~っと友人と二人してそちらをチョイス♬



a0196251_13484527.jpg




あと二人の友人はカレ―とToday's Specialの鮭南蛮のサンドイッチ



a0196251_13501931.jpg


濃くてFattyなのがお好きな方であれば鮭南蛮はお勧めかもだけど、

あっさりがお好みの方は控えたほうが良いかもです。。。

パンもバターたーーっぷりに揚げ焼きっぽく、そちらにカラッと揚がった鮭さん

ソースは南蛮ダレ(マヨ系だったような・・・)


カレ―は柔らかいお肉がほぐれて全ての具に馴染んでいました^^

チキンさんは、言うまでもなく大根下ろしにポン酢で合ってました♬



*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:.


そしてMilano Espresso Lounge



a0196251_13493344.jpg

こちらも広々していて、ゆったり出来ます♡

飲み物を頼み、友人達へお菓子の贈り物~


日本じゃ”あり得ない”かもだけど、ここだと持参お菓子を広げてお茶~なんて出来ます。

友人達、「美味しそう~~っ!今、食べる~」って2つのウイークエンドを試食してくれました(^-^)


見た目の違い、食感などの感想も聞けてよかったです♬

しばらく、このケーキが続きそうです(^^ゞ



Milano Espresso Lounge Gastown
36 Powell St.
Vancouver, BC V6B 2JY
604.558.0999

Monday-Friday, 7am-9pm
Saturday & Sunday, 8am-9pm


by orangeleaf-an | 2015-03-14 09:44 | お菓子 | Comments(0)
pumpkin spice bread with chocolate chip
立冬も過ぎ、
暦の上では冬が来ました。
本格的な冬支度の用意の開始ですね。
というか、暦通り(苦笑)に冬が来たバンクーバーです。


少し前のハロウィンも遠い昔のように感じてしまいます。
パンプキンパッチにカーヴィング ←(私は苦手ですが・・・
グロッセリーストアではデコレーション用のも売っており、
私も今年はデコレーションにと真っ白の小さなカボチャを買いました♪

a0196251_16125295.jpg


また、この時期カフェにいくと必ずあるのがパンプキンを使ったお菓子
特にあるのがマフィンやパウンドケーキ、タルトなど。。。

ついつい影響されて作りたくなり
気持ちHealthyなパンプキンブレッドを焼いてみました♪


a0196251_16261495.jpg






卵を室温に戻してとか、粉を振るったりとか面倒なことは抜いた、アメリカンなざっくりcake




a0196251_16125958.jpg



第一弾は基本のマフィン生地を使って作ってみました。
マフィンにはいつもバナナピューレをいれるところを、パンプキンに変えて
その分、お砂糖を少し増やし、バターミルクが無かったので、ヨーグルトに置き換えてと。。。





a0196251_16124749.jpg

出来上がり
まぁまぁ、良し(*’-^*)といった感じでしょうか
甘みが少々少ないのかなっていうのと、スパイスをもう少し効かせても良かった、っいう2点と
温めるとしっとりはしますが、モイスト感に少し欠ける感じでした。

リベンジで作ったのは、
甘みを砂糖(Raw cane)と蜂蜜(蕎麦の←クセがあるが美味しいんです。)にして
バターミルクで作ってみました。
次はカボチャをもう少し増やそうかな、とか、バナナと合わせてみようと思い中♪


バターミルクのほうがヨーグルトよりしっとりするのかしらね。それともHoneyも一役かってるのかな。
私には程良い感じです。
でも、もっとしーーっとりしたのがお好きであれば、バターをオイルに変えて量も倍に増やすとよいかと思います。
その時はヨーグルトもしくはバターミルクの量を減らしてください。orそのままで試してみてください(^-^)


★覚書レシピは後ほどUPします^^










by orangeleaf-an | 2014-11-12 08:03 | お菓子 | Comments(0)
プラムのタルト?クラフティ?
plum


a0196251_10064318.jpg





プラムがお店に出回ると嬉しくなります。
Black plum, Red plum, Green plum,prune...


a0196251_10132969.jpg

今日はどれにしよう〜?
このプラムはどんな味かしら?
という具合に毎朝の楽しみになっています。



お菓子教室でタルトを習ってから、好んで選ばなかったタルトが好きに♪

ブリュレなどのセラミックの容器に生地を流すだけの簡単にできるクラフティでもよかったのだけど、
初秋っぽくタルト生地を作り、そこにダマンドとクラフティの間のようなフィリングを入れて焼いたお菓子。
ダマンド(アーモンドクリーム)を使用していないので軽く、ヨーグルトを使用することでしっとり、さっぱり♪

夏の終わりにハマってしまいました。




a0196251_10065061.jpg




フルーツはカットしたままを使ってもよいのだけど、少し手間をかけて
シロップに浸けたものを使用〜。
そうしておくと日持ちもするし、余ればヨーグルトに入れて食べても美味しい〜♡

これからは秋らしく木の実やフィグのしっかりしたタルトがいいね。










More
by orangeleaf-an | 2014-09-23 10:54 | お菓子 | Comments(0)
Kouglof Stollen  Panettone
Happy holidays ! 
a0196251_09123203.jpg

クリスマスまで、あと僅か・・・。
なぜか12月はバタバタと忙しく感じてしまいます。
今年中に!って思いがあるからか、行動はともなっていないに気持ちだけは焦り^^;バタバタです。

そんな中にありながら、現実逃避とでもいうようにBaking に勤しんでました。
本格的な冬ですもの^^ オーブンを使うとお家も温かくなるし、お部屋がいい匂いで充満♫
あま~い香りにホッと気持ちもくつろぎます(^-^)
クグロフ、シュトレン、パネトーネ クリスマスに欠かせないお菓子パン
今回のクグロフはドライフルーツを赤ワインで煮て、その煮汁も生地へ。


作りながら、何が違うの?って疑問に・・・。

クグロフ(Kouglof)

a0196251_09205177.jpg


オーストリア、スイス、ドイツ、フランスのアルザス地方のお菓子
ブリオッシュのようなバター、卵、砂糖、ミルクの入ったリッチな生地にレーズンなどのドライフルーツを入れ、クグロフ型で焼いたお菓子パン



パネットーネ(Panettone) 


a0196251_09140561.jpg


イタリアの伝統お菓子
クグロフ同様にブリオッシュの生地を使用だけど、パネットーネ酵母を用いて作るのが特徴
生地にはレーズン、ドライフルーツ、オレンジピールを入れてドーム型で焼いた菓子パン
(型がなかった為に違う型使用)



シュトレン(Stollen)


a0196251_09021934.jpg



ドイツの伝統的なお菓子パン
発祥はドレスデン
生地にはマジパン、ドライフルーツ、ナッツが入り、ラム酒の風味が馴染んだかなりリッチな菓子パン
クリスマスを待つ間に少しずつスライスして食べる習慣があるとか。
日を追うごとに熟成して美味しくなるのも特徴
<wikipediaなど参照>


レシピにより配合も違うので、一概に言えませんがクグロフが一番軽いのにしっとり美味しかった気が・・・。



a0196251_09254191.jpg


シュトレンはあれだけのバターに砂糖、追い打ちをかけるかのようなラム、バター、粉糖だもの。
しっとりしていて当たり前だけど、なんかねー、違うの^^;
パネットネー、こちらはクグロフよりもバター、砂糖の量が多いのに、パンのよう。。。
ココアを入れたのも原因の一つかしら?? 

すこ~し、Clueが分かった気がするから忘れないうちに作ろうかしらね^^







 
 



by orangeleaf-an | 2013-12-23 09:33 | Breads | Comments(2)
Madeleines マドレーヌ
Snowfall
a0196251_09192051.jpg

12月に入り本格的な冬の訪れを感じるように・・・
そして、ちょうど大雪の頃、バンクーバーに初雪が降りました。


a0196251_09193255.jpg
窓から眺める雪景色は、陽の光を浴びてキラキラしていてキレイなのだけど、外に出ることを考えると腰が重くなってしまいます。。。
こういう日はお家での~んびり♫に限ります。
とはいえ、
この雪の朝も主人と二人、防寒して朝ランに^^ 何が面白くて走っているのか?ふと、問いたくなります(笑)


a0196251_09184004.jpg



a0196251_09194300.jpg



a0196251_09192603.jpg

旦那さん、今回の大河ドラマ〈八重の桜〉もハマっており、二人で見ております。
教科書で習った幕末はホンの数ページ、
自分の勉強不足によるものですが、戊辰戦争も聞いたことがあるって位(汗)で会津にどういう事が起こったか、同志社の創立に当たっての話であるとか、知らなかった出来事がたくさん。
この時代を生きた人の事を思うと、「なんて強くまっすぐ、清い心の持ち主」ばかりなんだろうと感服してしまいます。

ドラマを見てのんびり過ごす午後♫
そのお供にマドレーヌと紅茶

a0196251_14285457.jpg
 

お菓子教室でならったマドレーヌを小さい型で抹茶とプレーンで♫


a0196251_14293146.jpg



a0196251_14295878.jpg

一度目は焼きすぎて><しまい、しっとり感が普通サイズに比べて少なかったので、
二度目からは火加減を調節してのトライ。
前回よりはしっとりだけど、もう少し短めにしてもよいかもね(^-^)





 






by orangeleaf-an | 2013-12-08 14:31 | 焼菓子 | Comments(0)
Anthropologie / Caramelized Pear Cake
 Gorgeous Sunny Day, but its cold...
a0196251_10074899.jpg

窓を開けると何んとも冷たいキリッとした空気
日本の寒さをフッと思いだし、寒さに急いで窓を閉めた次第です・・・。

この時期
行きかう人々は両手にショッピングバックを持ち、次なるお店へ足を運んでいるよう
そんな人達につい、つられ(笑)私も!っとThe CrossPottery barnなどを覗いては誘惑を押さえるこの頃なのに、
クリスマスプレゼントを探すと名目でAnthropologieへ赴くと
あまりに可愛いスカートに髪飾りに出会ってしまいました♡

a0196251_10073399.jpg


このコーデでこのX'masシーズンは楽しめそう~♪

☆☆.。.:*・゚*:.。.☆☆.。.:*・゚*:.。.☆☆.。.:*・゚*:.。.☆☆.。.:*・゚*:.。.☆☆

最近ハマって作っている洋ナシケーキ♫

a0196251_08553645.jpg

こちらも何回作っているかしら??
毎回作るたびに新たな発見があり、お菓子作りは面白い。
でも、逆に言うと深みにハマッていきそうで怖くもあるが・・・。


ラ・フランスしかしらなかったけれど、洋ナシも種類が豊富。
それぞれに違いがあり、芳香な香りで美味。
Pear好きです。秋から冬の楽しみの一つにもなっている位^^

バニラとスパイスの風味をつけキャラメライズしたPearを入れた
アップサイドダウンのケーキ♫ 


a0196251_08552284.jpg



a0196251_08552761.jpg
一見シンプルに見えるケーキだけど、日が増すごとにしっとり風味が増し美味しいです。
バターを使うこういうケーキは共立てで作っているけれど、
これは小島ルミさんのを参考にしてビスキュイ生地(別立て)で作ってみました。

一度、共立てと別立てと両方作って比較してみても面白いんだけどねー(^-^)







by orangeleaf-an | 2013-12-05 08:57 | 焼菓子 | Comments(6)
シフォンの渦に・・・。続き
それから数日後、
友人から「シフォン作ったことある?」との連絡があり一緒に作ることに^^


a0196251_13174140.jpg



会う前日、お教室での事があったのと、試食用に持参した方がいいね♪と思い、いざ作成~
ところが、どっこい。。。


あれ?あれ・・あれ・・・なんか違う><失敗・・・。
記憶力の衰えに2重のショックうけながら、写真をチェックして2個目に挑戦!

うん。。なんか分かったけど、な~んか納得いかない。

翌、早朝5時 三度目 あっつ!いけたかも(*ノ∀`*)

a0196251_13233534.jpg

型入れ後



2個目と3個目を持って友人のお店へ
試食すると、3個目のほうがキメ細かくやわらかふんわ~り。
でも、待って!。。。な~んか、 これっーて、焼き縮み??してる?

新たな謎が出現なの?


翌日、友人と共に作った抹茶黒糖バニラシフォン(初トライ)が気になり、聞くと・・・
半分になったとのこと(ー∀ー;)
a0196251_13412750.jpg

送ってもらった写真


なぜ故?違うのはハンドミキサー?

お教室ではならなかったし、お家での1個目2個目もならず。。。3個目は微妙な感じ。

それが拍車をかけての連日シフォン作り(苦笑) 

何となく分かったきたけど・・・
こちらも失敗の抹茶シフォン

a0196251_13182227.jpg



やっと6、7個目で焼き縮みのないシフォンが出来上がりました。



a0196251_1731171.jpg

紅茶シフォン



a0196251_17312729.jpg





シフォンケーキ、簡単に作れるってイメージがあっただけに、こんなにも悩まされるなんて夢にも思ってなかった(>_<) 

なぜ?っていう理由も解明?したものの、
不安だからまた一つと作ると新たに気づく点が出てきてまだまだ完璧なシフォンにはちょいと遠い。。。

スパイラルから脱出したものの、まだ渦中にいる気が・・・(笑)


作ったシフォンはバニラ、抹茶黒糖バニラ、抹茶、紅茶(Buttered Rum)珈琲バニラ

*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.

出来たけど、もう一度確認したくてまたシフォン
a0196251_13182521.jpg



家族はきっと、連日シフォンでもうそろそろ飽き気味かも(笑)


ホッと一安心、さて、抹茶味、挑戦してみるか!
としたのがダメでした><

卵黄生地の段階でこ・れ・は??って予感がしてたけど
翌朝、型だしすると悲しいまでの底縮み。。。

それでも、ふんわり、味はいいんだけど・・・。って自分を慰め(。´ノω・`)。ウウゥゥ
「もう!やめやめ、やーめた」ってなるところを抑えて、またシフォン(苦笑)

抹茶が足りずに珈琲バニラで♪

a0196251_13175033.jpg


ふぅ~出来た(っ*´∀`*)っ
これで、バンクーバーに戻れるよ。



抹茶は曲者。。。まだまだ道が遠いです。
やはり、粘るからかしらね。。。溶いた方が風味がでそうと思って溶いて使用したけど、次回はお粉に混ぜてトライしてみよう~♪
後は、型からキレイに出す方法だわ

シンプルなケーキほど、繊細な気がするって気づいた今日この頃です。


☆Memo☆

ちゃんと乳化させる。温度も必要
メレンゲ、やはり大事。でも、これが難儀だわ・・・。

型入れの時に生地からシュワーっと音が、「うん、有る意味、これ合図?」

実家の電気オーブン 170度で15~20分→160度で25分~20分

抹茶はミルクとお水の量が1:3で
その方が抹茶味が濃い。
by orangeleaf-an | 2013-10-01 17:56 | 焼菓子 | Comments(2)
お菓子 フレジエ
ふと気づけば九月も折り返し、お彼岸ですね
朝晩といわず、秋の気配がそこかしこに感じられる今日この頃。。。
秋の味覚、松茸、栗 銀杏 なんでも美味しい食欲の秋
フルーツもブドウ、梨、いちじくなどなど。。。

でも、その前に・・・
今年はローカルのイチゴが長い期間出回っていたので
最期にフレジエを焼いてみました。

~いちごのフレジエ~

a0196251_1641678.jpg



a0196251_1643399.jpg



ピスタチオペースト!っと意気揚々と買ったものの、開けてみてガッカリ。。。
あーー、どうしましょ。。。

あっつ!先週(9月2週目)の事ですが、Fujiyaさんで松茸が出てました(。◕‿◕。)
焼き松茸と松茸ごはんにして頂きましたが、美味しかったですよ~♪
by orangeleaf-an | 2013-09-18 18:02 | 焼菓子 | Comments(2)