タグ:日本 ( 37 ) タグの人気記事
宗匠宅へ
和敬静寂

茶道
習い始めた動機は、和菓子とお抹茶がお目当て(*^^*)


a0196251_07345962.jpg

それが、今でも切っても切れない縁となり私に欠かせないものになっております。

日本で習っていた頃
私の先生は厳しい方でしたが同時に温かく、茶道を通じて何が大切であるかを教えてくださったように思います。
コチラでも縁があり続けております。
そのお陰で今回初めてサンフランシスコで開催された表千家の夏期講習会に参加してきました。

その講習会に日本から講師として来られたのが、松本宗匠でした。
日本でいると、宗匠のお点前を間近で拝見することや、教えて頂くなんて、雲の上の話(*^^*)って思うコト。
海外支部の講習会のお陰で目の前で宗匠のお点前を拝見でき、教えを請う好機に恵まれました。


それが縁となり今回の帰国時に宗匠宅へお伺いさせていただきました。
お伺いした日はお稽古日、
と思うだけで緊張して緊張してどうしましょうって感じなのに、
見学をさせていただくだけで十分。お伺いするというだけで緊張の面持ちなのに、「お席へどうぞ」とのお声が・・・。
いやいや。。。恐れ多くて入れません。っていう心境の私でしたが、3度目の声には「はい」とお席へ入らせていただきました。

二席入ったのち、亭主を務める方がおられなくなったこともあり、宗匠から「お点前をして帰りなさい」とのお声が・・・

有難いお話この上ないのだけど、内心は口から心臓が飛び出そうな位に緊張です。
一度は恐れ多いとお断りしてみても、「せっかく日本にいるのだから、していきなさい。何も言わないから・・・。」と
それが、一番怖い。。。

緊張の糸で張り裂けそうでしたが、目前に並ぶ素晴らしいお道具の数々に感嘆し、自然と扱う手も丁寧になるものだと感じました。本物を扱うことで目を養い、なぜ、この時にこうのようにするかの必要性を学んだ気がしました。


恐れ多くも、教えていただく機会に恵まれたこと本当に感謝の思いでした。



a0196251_07351096.jpg



a0196251_07350450.jpg

(京都 聚洸)





宗匠、奥様、
大変お世話になり誠に有難うございました。








by orangeleaf-an | 2015-11-08 08:16 | 茶道 | Comments(0)
ベルエ・コンセイユ(2日目)
講習会2日目

a0196251_06501241.jpg

一日前に作ったお菓子の組み立てがメインです。



a0196251_07072076.jpg




今回、予定よりも進んだ為にオペラを追加して教えていただきました。



a0196251_07032051.jpg

「失敗がなくなるよ」という、ペリュション先生によるグラサージュにマカロン
この日も工程があちらこちへと飛び、目が頭が付いていくのに精一杯でしたが、
徐々に形になっていく美しいお菓子達を見ているのは本当に楽しかった〜。

a0196251_06495204.jpg

先生による今のフランス菓子事情も面白かったです。
フランス菓子も色々と変化を遂げていってる様子でした。
ムースに使うメレンゲや、口当たりよいものへと材料を今までのものから違うものへ。
モダンから古典的なものを取り入れていく新古典なお菓子へと変化を遂げているようです。



こちらが、その1つのフォレノワール(topの写真)
フォレノワールに必要なものは全て入っているけれども、外見からはそちらを想像できない。
このように古典的なものを形を変えてモダンに蘇らせているようです。



さて、最後はお楽しみの試食です。
何個あるの?という程の量に全部食べれない><


a0196251_07023115.jpg

a0196251_06502516.jpg

ひと口ひと口戴いて、残りはお土産にして帰路に着きました。




by orangeleaf-an | 2015-11-05 14:30 | 教室 | Comments(0)
日本での日々 ベルエ・コンセイユ 一日目
実家にある大阪に到着して数日後、
日本はシルバーウィークの真っ只中でした。


a0196251_06500233.jpg

人々があちらへこちらへと出掛けるために、飛行機も新幹線もいっぱい。
どこもかしこも休暇を楽しむ人達で溢れておりました。



さて、私はというと、ベルエ コンセイユ(フランスのパティシエのための製菓学校)の 
ジャン・ミッシェル・ペリュション先生の来日講習会に参加してきました。
a0196251_06500671.jpg
ジャン・ミッシェル・ペリュション先生はこのフランスの製菓学校の校長であり、
M.O.Fフランストップパティシエであります。



授業は殆どがデモ形式で行われますが、受講生も前に出たりして実習もあります。



a0196251_07123928.jpg

トップパティシエの手捌きを目前に見れるというのは、
学校(コルドンブルー)を卒業して教科書通りがまだ頭から離れない私にとり、とても勉強になりました。
お菓子作りに大切な事、コルドンでも習っておりましたが状況を見極め、作業を行っていく。臨機応変で動くということ。
今回の講習会でそれを目の当たりにしたように思いました。


a0196251_06503203.jpg
シェフが行っているのを拝見しているとイトも簡単に見えるのですが、実際に自分がするとなると。。。。。でしょう。
日々の積み重ね、見極め力が必要になることを学んだ二日間となりました。



こちらの講習会に参加されておられた方々の多くは、お教室を開催されていたりパティシエとしてお仕事されていたり
学ぶ意欲で満ち足りた方たちばかり。
私は2日間でしたが、ご一緒でき良かったです。



み〜っちりの2日間、休憩が午前、午後に15分、お昼の一時間だけ、
初日は下準備のお菓子作りで試食もないから、終わった頃にはお腹がぺっこぺこ^^;


一人で食べる夕ごはん
どこへ行ってよいかも分からないからどうしよう?と思っていたら
宿泊とディナ〜が付いたお得なプランがあり、私は日本料理 桂香にしました。
料理長が京都出身の方であり、こちらのお店は京都風のお味で優しく美味しゅうございました。


朝食付き一泊の金額とほぼ同額で夕食朝食が付くプラン。
こういうの知らなかった〜〜。調べてみないとダメですね。

お部屋も一人なのに、グレードアップしてもらい(シルバーウィークで満室の為)
のんびりと寛げた夜となりました(*^^*)
















by orangeleaf-an | 2015-11-05 07:18 | 教室 | Comments(0)
コルドンブルー 菓子コース卒業
記事は中級の時のまま
滞っておりますが、6月20日に菓子コースを卒業しました。
長いように思っていた中級、上級の2ヶ月も後半からはスピードを増し気づけば終了試験のアントルメを考えないといけない頃になっていました。

修了試験で作ったオリジナルのcake Douce(ドゥース)
フランス語で、穏やかな、温和な、優しい、柔和な、愛情のこもった、
心地よい、楽しい、やわらかい、甘い、緩やかな、・・。と言う意味

こうありたいと言う思いも込めて・・・。



Douce
a0196251_05320556.jpg


最後の最後まで決まらずでしたが、終了日に納得のいくものが出来ました♡
それでも、チョコ細工は触りすぎて溶けてしまったものも有り。。。注意不足です。


♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪


毎日毎日詰め込みの日々も今となっては懐かしく寂しさを感じるくらいです。
午前中に見て習ったことでも、午後からの実習になるとポカンと抜けていたり。。。実習で作っておきながら、自宅に戻り、なんのケーキ作ったかも覚えていないという、かなり間抜けだったように思います。


コルドンの門をたたいた頃は
「えっ!どうしましょ。。。私、間違った所にきてしまった??」と思ったこともありましたが(^_^.)
満員電車、メモ取り、実習など慣れていきましたね。
それには家族や友人たちの応援、サポートがあり、
学校ではスタッフの方、シェフ、アシスタントの方々の教えの賜物だと感謝の思いです。


また、コチラに来て沢山の素晴らしい方々との出会いもありました。
常に意識を高くもち努力を怠らない方、前向きである方、そのような方達とお話をすることで良い刺激をいただき励みにもなり、何歳になっても「学び」ということも教わりました。
学び、努力なくして何も得ないですね。
昔むか〜しの私の一番好きでない言葉の2つです。苦笑


今はバンクーバーに戻ってきました。
なんだか、もぬけの殻のようにポカンととしております。。。
もう一度、上級クラスを受けたら、けっこう理解出来るのな〜って思ったりしてあの頃の日々を懐かしんでいます。
これからが本当の意味でのスタート。
習ったことを消化し自分のものにしない限り、何の上達もないでしょうし・・・。
口で言うのは容易く、難しい限りですが有言実行で在りたいと思っています。
コルドンでのあの慌ただしい日々を無駄にしないためにも・・・😊

a0196251_05492200.jpg
オレンジ風味のダックワーズ
フォンドロシェ
フランボワーズペパン
アプリコットのクレーム
ラベンダー風味のバニラムース
ホワイトチョコのグラサージュ







by orangeleaf-an | 2015-07-03 06:09 | 教室 | Comments(5)
Le Cordon 菓子中級 第6回 逆フイユテ生地
PITHIVIERS ピティヴィエ
a0196251_17343921.jpg

オルレアネ地方のピティヴィエという町発祥のお菓子。アーモンドクリームが入ったお花の形のパイ♬

公現祭(エピファニー)をお祝いして食べるガレット・デ・ロアと同じでは?って思ってしまいました。違いは、フェーブが入っているか否か。他にもあるのでしょうね。


♬午前中の授業♬
ピティヴィエ
a0196251_17442755.jpg
コンベルサシオン
a0196251_17445113.jpg
クリーム入りコルネ
a0196251_17451208.jpg
逆折り込み法フイユテ生地

逆ってどういうこと?
名の通り、バターで生地を包むでしたf^_^;
食感や焼き上がりも普通のフイユテ生地と違い、こちらの方がmoreさっくりサクサク♬焼成後のボリュームもこちらの方があったように思います。

♬午後からの実習授業♬
前日に用意してあった生地の折り込みからです。
最初はバターが溶けないようにと気を配りましたが、溶け出すことなく無事に終了
ここまでは…ねf^_^;

次からは何やってるの?って自分のマヌケ加減に呆れるくらい 苦笑

アーモンドダマンドを絞る時に生地に型を付けるのだけど、頭の中でシェフの言葉「強く押さないようにー、切れますからねー」が聞こえているのに、手は逆の事をして強く押して半分切れかけ…>人<;)
何とか修復も出来、ホッとしたのも束の間。
お花の形に切る時、
型取りしてからカットところを何を思ったか型置いたまま切っていったもんだから、
あれっ?お花さん、ず.れ.て.る…。∑(゚Д゚)
ど.お.しよう〜って止まっていると、「ずれてますよ〜」っとシェフの声 (苦笑)
またもやシェフがそばにいるし…/ _ ;
ハァー。何やってんだろー(>人<;)って半ば呆れながらも無事終了。
a0196251_18040810.jpg

いろいろハプニングがあったけれど、そんなに目立つことなく完成〜♬


a0196251_18051249.jpg


きっちりバターの層になっているところ、そうでない部分が出来てしまってましたσ^_^;
a0196251_18043789.jpg
折り込みの時もですが、ファンデーション作りからキチンとが大事ですね。

by orangeleaf-an | 2015-05-22 07:36 | 教室 | Comments(0)
Friande フリアンド
夙川にあるブーランジェリー・フリアンド
3代続く老舗パン屋さんです。
a0196251_08423971.jpg


GW中にコルドンではシェフを迎えてのレッスンが幾つか開講されていました。
パンはそのフリアンドのシェフ、谷口佳典氏によるものでした。
私は通常授業があった為に参加出来ずでしたが、受けた方から、話しを聞くとまるで、講義のよう♬
出来上がりのクロワッサンの層の美しさやバゲットの完璧さなどの話も伺い「パン食べた〜い♡」
で、友人と行ってきました。

「うわ〜( ´ ▽ ` )ノ」っと美味しそうなパンがずらりと並んでいます(^-^)
a0196251_08260954.jpg

a0196251_18335287.jpg

種類も豊富にあるので、あれも!これも!と欲しくなります。
a0196251_18335474.jpg


ラッキーなことにシェフがおられたので色々とお話もできました(^-^)
今年の9月フランス・リヨンで行われるモンディアル・デュ・パン(製パン国際コンクール)の日本代表に選出されています。
そのお話やシェフのパンに対する探究心、またお客様思いのパン作りなど垣間見れ、このお店が沢山の方から愛されているのも自然とうなづけました。

お昼を過ぎるとパンは殆んど無くなってましたf^_^;
a0196251_08270900.jpg


by orangeleaf-an | 2015-05-12 19:06 | 日本 | Comments(0)
Le Corgon Bleu 地方菓子
第5回目 Gâteau de Région
地方菓子です。
a0196251_8571849.jpg


華やかではなく素朴だけど、しみじみとした温かさを感じるお菓子

沢山ある地方菓子から今回習ったのは
ファー・ブルトン
オレンジ風味のパン・デピス
ブルターニュ風ガレット
カヌレ

〜ファー・ブルトン〜
a0196251_8572141.jpg



フランスのブルターニュ地方のお菓子で「ブルターニュのお粥」という意味
フィリングにプルーンとレーズンが入ったカスタードを固めたようなムチっしっとりの食感です♬

〜オレンジ風味のパン・デピス〜
a0196251_857228.jpg


スパイスのパンという意味のお菓子

シナモンやアニスなど数種類のスパイスに蜂蜜が入った風味豊かな大人なケーキ♬

〜ガレット・ブルトンヌ〜
a0196251_8572349.jpg


乳製品とお塩の産地のブルターニュ地方で生まれたお菓子
「ゲランドのお塩」とバターをふんだんに使ったサクサク食感とバターの風味豊かな甘しょっぱいガレット♬

〜カヌレ〜
a0196251_8572398.jpg



ボルドー地方の修道院で作られていたとされる外はカリカリ、中はしっとりプリンを固めたようなお菓子

ボルドーと言えばワイン♪
昔はワイン作りの際に出るオリを卵白を使用して除去していました。残った卵黄の有効利用の為に修道女達がこのお菓子を作っていたのかもしれませんね(^.^)

名前の由来は型のまわりの「溝」からとのことです。
a0196251_8572485.jpg


...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo

午後からの実習
ファーブルトン
パン・デピス

ファーブルトン、ちょっと凹んでしまいましたが、ボコっと大きな穴ではなかったのでヨシとしましょ。気をつける点は空気を入れないように!学校帰り、このケーキのあまりの重さに驚いてしまいましたf^_^;

a0196251_8572617.jpg



パン・デピス
a0196251_8572770.jpg


スパイス好きさんなら間違いなしに好きだと思う。
日を追うごとにしっとり感が増して美味しい〜。日持ちもするし、クリスマス時期のプレゼントにも良さそうですヾ(@⌒ー⌒@)ノ

2つとも懐かしい、おばあちゃまのお味のようなお菓子♡
by orangeleaf-an | 2015-05-11 08:57 | 教室 | Comments(0)
Le Cordon 菓子中級(集中)第4回
第4回
Petits Fours Salées

a0196251_765760.jpg


コルドンに来て初めての甘くないもの。
デモ の授業♬

アンチョビのアリュメット
a0196251_19451614.jpg


ミニソーセージ
マッシュルームのブッシェ
フロマージュとパプリカのアリュメット

a0196251_19451967.jpg


オリーブ
ハム入りクロワッサン
a0196251_19452324.jpg

サーモンのキッシュ
a0196251_1950659.jpg


ピッツァの8品
a0196251_19452550.jpg



お野菜をカットしたり、トマトソースを作ったり。
お菓子作りもテンション上がるけれど、トントントントンとみじん切りしたり、ソテーしたりとお料理はやはり楽しいヾ(@⌒ー⌒@)ノ

一つの生地でこんなにバラエティに
富んだものが出来るという点も学べた授業でした。

いつもはランチ前に甘いもの♡だけど、この日だけはお昼ご飯代わりになる試食(^-^)
ひとくちサイズなので、パクパク進んでしまいます。ある意味、危ない(笑)
そして、それに合わせてキール・ロワイヤルも♬

。o○。o○゚・*:.。. .。.:*・゜○o。○o。゚・*:.。. .。.:*・゜。o


〜午後からの実習〜

ランチで飲んだキール・ロワイヤルが効いているのかσ^_^;ふわ〜んと心地よい(苦笑)←弱いね…。

臨んだのは、
ハム入りクロワッサン
a0196251_1950656.jpg


フロマージュとパプリカのアリュメット
オリーブ
a0196251_882542.jpg




ピッツァ
a0196251_1950759.jpg


少しづつ分かってきたような気もするけれど…
パリパリサクサクの食感に綺麗な層を作るのは、やはり難しいですね。



姪っ子達のお気に入りはこちら(^-^)
パクパクと口に運ぶ手を止めれなくなっておりました(^-^)
a0196251_19523073.jpg

by orangeleaf-an | 2015-05-07 08:08 | 教室 | Comments(4)
Le Cordon 菓子中級 Macarons
3日目
マカロン
a0196251_185798.jpg


可愛いマカロン♡好きな方、多いですね(^-^)

そんなに好みではないけれど、作りたいお菓子のひとつであります。
可愛く可憐なのに、毒のあるお花のように一筋縄にいかないように思います。
でも、それも本日の授業で解消かな♬

さぁ、午前中のデモの始まりです。
5種類のマカロン♡
ヌガー
a0196251_18571162.jpg


ピスタチオ
a0196251_18571895.jpg


レモン
フランボワーズ
a0196251_185713100.jpg


チョコレート
a0196251_18571356.jpg



そのうちの一つはフレンチメレンゲ
後はイタリアンメレンゲを使って。
可愛いマカロンの出来上がりです。
a0196251_18571181.jpg


当日よりも3日目以降が美味しく食べ頃なんですって(^-^)

午後からの実習
ヌガー、ピスタチオ、シトロンの3種

フレンチメレンゲを立てるより、フィリングを作る方が手が辛かったf^_^;
a0196251_18571626.jpg


ドキドキのマカロンでしたが、ピエもできて満足のいく仕上がりに嬉しくなったのは言うまでもありませんσ^_^;
プラス、あまり好んで食べないのに、一口食べては「美味しい♡」って自分褒めする始末でした。
a0196251_18571724.jpg

a0196251_18571750.jpg



イタメレは合わす時が鍵になるのを忘れないようにしなきゃね。手立ては大変だけど、戻ったら、キッチンエイドのお世話になりマカロン練習をしようっと(^-^)
by orangeleaf-an | 2015-05-01 08:19 | 教室 | Comments(0)
Le Cordon 菓子中級 第2回 Petits Fours Frais
2日目
本日はプチフール フレ (小さな生菓子)
a0196251_17302351.jpg


沢山並んだ小さなお菓子は、見ているだけで嬉しくなります♬

さて、本日も初級の復習のような授業ですが、種類が多く6種類。試食は楽しみだったけれどアタマがついていけるかが、問題でしたσ^_^;
a0196251_17303074.jpg


午前のデモストレーションでは
フルーツカクテルのタルトレット
りんごとカシスのムース
チョコレートのタルトレット
a0196251_17302457.jpg


シュークリーム
a0196251_17302488.jpg

左から
いちごのサヴァラン
プラリネのサランボ
a0196251_17302590.jpg


工程があっちにこっちに移るので、見ていたのに頭の中は途中経過のパズルのようにピースがバラバラ(>人<;)
流れるように出来る日を夢見て終わった午前中でした♡

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。*:..

午後の実習クラスでは
フルーツカクテルのタルトレット
a0196251_17303023.jpg


チョコレートのタルトレット
a0196251_17303130.jpg


シュークリームの3点の制作
a0196251_17303237.jpg


ペアの方と分担作業しながら進めていきます。今期は日本人の女の子も1人いらしてお互いにペアに♬

小さなタルトレットでは、薄く伸ばしてフォンサージュするのがヒヤヒヤ。一回で型抜きぜーんぶ出来、余りまで出て嬉しくなりました(^-^)
a0196251_17302815.jpg


型に敷き入れる時はやはり緊張でしたね。ちょっと焼き過ぎて感じで苦いかなっと思ったけれど、程よい感じになっていて良かった〜。

〜ガナッシュ作り〜
空気を入れないようにツヤっと作るのがポイント。

シュークリーム
小さく絞ると可愛い〜♡

次の日はマカロンです!
楽しみだけど、不安も〜。
by orangeleaf-an | 2015-04-30 17:30 | 教室 | Comments(0)