<   2013年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧
BIBO マンゴーとクレソンの白和え
ひと月以上も前・・・
a0196251_22221852.jpg


お天気良い昼下がり
友人とストラスコナ周辺をお散歩カメラ
a0196251_22222668.jpg



a0196251_2222912.jpg


ただ今、猛暑の日本にいる私からすれば、その日の気候は夢のよう

a0196251_22221470.jpg



近くに住んでいる住人の人たちも日光浴、お散歩、カフェでおしゃべりに楽しんでいます。

a0196251_22222182.jpg


a0196251_22305710.jpg


今の関西からは考えられない><

a0196251_22222851.jpg




*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆

さて、お散歩を楽しんだ後は

「ピザが美味しいのよ^^」って教えてもらったキツラノにあるBIBO
a0196251_2222525.jpg


石窯でナポリピザを提供してくれるお店です。

3人なのでピザ、サラダをシェア♪

サラダ
a0196251_22253872.jpg


ピザ
a0196251_22224695.jpg


a0196251_22224998.jpg



どれも美味しかったです^^
イタリア人からすれば、シェアするなんて!考えられない。って言われそうですが(笑)
欲張り私には色んなお味を楽しめて嬉しかった~♪


こんな感じで笑顔ヨシのお兄さんが焼いてくれています。
a0196251_22224346.jpg


*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆

マンゴーとクレソンの白和え

a0196251_2226326.jpg


日本もマンゴーが出回っています^^
宮崎県産マンゴー、美味しいけど、口が腫れそうになるほど高い!!
一個当たりが3千円とか4千円!!

それに比べて同じアップルマンゴーがバンクーバーではお手頃価格であるのが嬉しい♪

セールにもよくなるので、こんな感じに白和えにも出来ちゃいます(*^^)


マンゴー自体に甘みがあるので、お砂糖も入れなくてよい位
そこに、チラッと独特の香りと苦みがあるクレソンが入るので甘みとのバランスも程よく大人な感じで美味しいです。クレソンが苦手な方はほうれん草など癖のない青菜で代用されるとよいです♪

今の時期ならイチジクも美味しい^^

マンゴーを剥くと、どうしても中途半端なかけらが出てしまう。
それを利用すると、無駄なく全部マンゴーを食べれていいですよ~。
あとは芯の部分をギュッとしぼってスムージーにいれるとか(*^^)

More 覚書レシピ
by orangeleaf-an | 2013-07-31 14:00 | ランチ | Comments(2)
丸7年 / French Breakfast Radish と Beetsの葉っぱ
丸7年経過・・・
a0196251_1593455.jpg


早いもので、カナダ生活+結婚7年という月日が経過しました。

a0196251_1594213.jpg


最初の頃はいやいや病も出たり、何かにつけ比較しては「やってられないわ!」
な~んて不足タラタラ・・・でした(^^;)ゞ
が、今ではこちらの生活にもすっかり?慣れて図太く(笑)なった気もします。。。


日本しか知らなかったころに比べると随分と頭も柔らかく、視野、考えも広がったように思います。
国々により習慣、文化は違う。
そんな当たり前のこと、分かっていたようで全然分かっていなかった。

a0196251_159479.jpg


日本にだけいたら、「外国がいい!」と思っていたでしょう~。
色んな事に踊らされてもいたことでしょう(笑) 今ならパンケーキとか^^

でも、外国に住んで初めて
日本の良さ、日本人の賢さ、素晴らしさ などを再確認というか目の当たりにした気がします。
「隣の芝生は青い」そんな感じだったんでしょうね。

こういう環境に恵まれたことで、新たな事に挑戦したり、素晴らしい出会いも沢山ありました。

感謝 その一言です。
a0196251_1532126.jpg



8年目に突入~。
これからも、日々精進です。。。^^なーんてね。

*・゚・*:.。.*.。.:*・☆*・゚・*:.。.*.。.:*・☆*・゚・*:.。.*.。.:*・☆*・゚・*:.。.*.。.:*・☆

お料理も丸7年経って無駄なく使えるようになりました(*^-^*)

a0196251_1653695.jpg


先日行ったファーマーズマーケットで買った、まんまる大きなビーツ
それについていたりっぱな葉っぱ 捨てるにはモッタイナイ

生食するには硬すぎて無理だけど、炒めると美味しいデス(´∀`)ゝ

a0196251_1595914.jpg


*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆

French Breakfast という名のラデッシュと
蓮根 ごぼう 人参 ペパーの酢の物

a0196251_16531051.jpg


More 覚書レシピ♫
by orangeleaf-an | 2013-07-18 14:41 | お料理 | Comments(6)
茄子の田楽風
子供の頃よりお茄子が好き^^
特に水茄子のお漬物♫おいしいんです。。。

a0196251_11371886.jpg



「茄子 Eggplant」

旬は夏~秋

「秋ナスは嫁に食わすな」という諺がありますが、
それほど、秋ナスは美味しい!っていう意味とは別に

茄子は体を冷やす食品

夏場の暑い時期ならともかく、気温が低下してくる秋に食べると
体を冷やすので良くないとのこと。

冷え症や低血圧の人は食べるときに、体温め作用のお塩や味噌を加えて食べるのが良いそうです♫

また、皮の部分に栄養があるので一緒に食べる。
ぬか漬けにするとビタミンがアップするようですよ~(^-^)

{効能}
ナスニンという色素がポリフェノールの一種で
がんや動脈硬化、高血圧の予防、コレステロールを下げるなど

・*:..。o○☆*゚・*:..。o○☆*゚・*:..。o○☆*゚・*:..。o○☆*゚

なすの田楽風

a0196251_11372886.jpg



友人夫妻との会食の時に作った
今泉久美さんの本にあった「なすの味噌グラタン」
揚げない分ヘルシーだけど、お味噌とチーズでしっかりリッチなお味に♪

<作り方>

お茄子はヘタを切り半分に切る。
切り口から皮にそって切れ目を入れ表面に格子状の切り目を入れる。
底になる部分を少し切って平らにする。

鍋にオイルを適量入れ中火で熱し切り口を下にして入れ中火弱で6分、裏返して酒(大匙1)を入れて3分焼く。
(レシピではオイル大匙3~4でしたが、私はその半分ほど)
田楽みそとチーズをのせ蓋をして3分焼く。

a0196251_11374063.jpg


田楽味噌(赤味噌、砂糖、みりん、各大匙1.5)
材料を全てを鍋に入れて混ぜ、中火にかけてヘラでよく混ぜてる。
お味噌くらいの硬さになればOK。焦げ付き注意!

☆本では
レンジ使用で600wで40秒
モッツァレラチーズだったのをオカチーズに変更
味噌は赤みそのところを麦みそ使用、
by orangeleaf-an | 2013-07-16 07:48 | お料理 | Comments(0)
Plum & Beets salad / Lime&Mapleチキン
週末は決まって
Farmers Markets
a0196251_0583214.jpg



冬のマーケットからすっかりハマってしまった旦那さん
私が帰国中も一人で行くほどです^^
a0196251_12141.jpg


いつも行くのはTrout Lake Farmers Market
10月19日まで毎週土曜日 午前9時から午後2時

ビーツ、人参、ラディッシュ、蕪、じゃがいも、葉類(水菜、からし菜なども)
a0196251_058117.jpg


新鮮なお野菜にフルーツが美味しいです。
日持ちもします♫


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆
美味しそうなビーツを買ったので
Beets and Plum Salad with fennel bulb,arugula asnd pistachios

a0196251_1131731.jpg


ビーツは洗ってアルミホイルでくるみオーブン400F(200℃)で45分ロースト
大きさによりけりですが・・・。竹串をさしてすぅーっと通ればOK。

その間にドレッシングを作っておく。
なんでもお好きなもの。
この日は、オリーブオイル、赤ワインビネガ―ー、ブルベリービネガー、はちみつ、塩、コショウ
ジェニーさんお勧めのシャンパンビネグレットも美味しい♫

ビーツは冷めてから皮をむき、適当な大きさにカット、
3種類のビーツの色が混じるのが嫌だったため、それぞれ別々のボウルにいれドレッシングであえる。

プラム、フェンネルも適当にカット
後は盛り付けるだけ。最後にピスタチオを飾って終わり。


Lime and Maple Chickin
 with herbs,olive and tomato


a0196251_133126.jpg


夏なので、さっぱりライムとハーブ、メープルシロップ、塩コショウでマリネ。
30程~一晩置いて、後は焼いて、蒸し焼きに^^

蒸し焼きにするときに
オリーブ、ケイパー、オリーブのタパネード、
そして、うま味成分(グルタミン酸)が豊富に含まれているトマトも入れます♫
{先にトマトを炒めてよく火を通すとより甘みが増して美味しい^^}
漬け汁と白ワインを少々入れて火がとおるまで。


a0196251_1356.jpg


ライムも入れて一緒に煮るからさっぱり☆
by orangeleaf-an | 2013-07-10 08:27 | お料理 | Comments(2)
茄子と素干しエビの煮物/ Nuba Café in Mount Pleasant
文月

稲の穂が出て含んでくる月 「穂含月」と

文披月(ふみひらきづき)
七夕に短冊に詩歌や文字(願い事、書の上達を願った)を書いて笹につけて飾る風習
が変化したという二つの説

☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆

Nuba Café in Mount Pleasant
a0196251_419232.jpg

NUBAといえばガスタウンになってましたが、お昼時はいつもいっぱい。
オープン前に並ぶか予約がベターです。

ガスタウン以外にも幾つかお店があるNUBA
そのうちに1つ、Main streetから1つ中に入った通りとEast 3rd AvenueにあるMount Pleasantに行ってきました。

お昼12時半頃だったかしら??
待つことなくすんなり座れました。
a0196251_4194836.jpg

PLATE Falafel
a0196251_420441.jpg

PLATE Chicken Tawook
欲張りに^^玄米とローストポテトを半々づつもらいました。


☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆

茄子と素干し海老の煮もの


a0196251_4204594.jpg



桜海老
静岡県の駿河湾、由比で水揚げされる深海に生息する海老
駿河湾近郊で水揚げされたものに限り桜海老といい、それ以外は小エビ

コレステロール低下、血液サラサラ効果、便秘解消、 骨粗しょう症

桜エビには、カルシウム・銅・マグネシウムなどのミネラルがたっーぷり含まれているので
そのミネラルの吸収をよくするレモンやお酢などの「クエン酸」と一緒にとるとより効果的♫
また、「銅」が含まれているので、鉄分を多く含む食品(青菜、レバーなど)と合わせて食べるのがいいようです。


天日干しにすることでより栄養価が高まった「素干し海老と茄子であっさり煮物」を作ってみました♫

お茄子は表面に格子か茶筅切りにして塩水に5分程つけてアク抜きしたのち、水気を拭いておく。
鍋に煮汁の材料、昆布、干しエビ、茄子をいれて煮含めていく。

<材料>
茄子 
昆布 約10g(7cm×9cm) 干しエビ ふたつかみ弱(17gほど)

煮汁・・・水250ml 砂糖大さじ1/2、
     酒 20ml、みりん大さじ1、薄口しょうしゅ大匙1、塩少々(味をみてから)


干しエビと昆布のお出汁がきいたあっさり味なので、好みでお醤油を大匙2に増やすか、塩を小匙1/4ほど入れて調節してみてください^^


☆炊きたてご飯に干し海老を入れて蒸らし、
お茶碗にもってからライムをちょっと絞っても美味しい^^
その時は、味付けなしの白ごはんに混ぜるから好みでお塩を足したりとお好みで♫

または、炊く前に酒少々、塩少々入れて(舐めて感じる程度)で炊いても。
今だとコーンを入れても美味しそう~^^

酢の物にしたり、煮物にしたりと色々と使えて体によい干しエビさん
出番が増えそうです。
by orangeleaf-an | 2013-07-08 04:05 | お料理 | Comments(0)
Peaは鞘から♫  Fingerling potato Salad with Fava Beans & Pea
毎日、いいお天気♫

太陽の光をたくさん受けてスクスク育ったお野菜さん達
美味しい食卓のお手伝い。

よく出回ってきたEnglish Pea(エンドウ豆) Fava Beans(そら豆) 

a0196251_1282093.jpg


豌豆は豆ごはん、玉ねぎとエンドウの卵とじ煮、あんかけの餡に入れたり
そら豆も桜エビ(干し海老)と合わせて、煮たり、ご飯に。普通の海老とも相性が抜群!
ささっと炒めても美味しい~♪


Fingerling potato Salad with Fava beans & Pea

a0196251_1283924.jpg


この2種のお豆と新じゃが(Fingerling potatoes)を使ってのサラダ

じゃがいもは皮つきのまま、蒸します。大体15分程
スーッと竹串が通るまで。
熱いうちに皮をむき、適当な大きさにカット。

ボウルに入れてドレッシングでざざっと混ぜて味を馴染ませる^^

同じくして、豌豆 そら豆は茹でます。

「pea」
さや付きのまま塩少々いれて茹でます。1分程度
お湯だけを捨てて、さや付きのまま蓋をしてそのまま冷ます。
冷めたら鞘から出します。

そうすると皺もよらず、きれいな緑も残ったまま、水っぽくもなりません(*^^)

「そら豆」
a0196251_1281240.jpg


鞘から出し、豆の黒く線になっている部分(たまに未だ緑)の反対側に包丁で切り込みを入れます。
{一つだけ出ている豆の左側のぷっくり部分}写真で
おなじく塩少々を入れて2分程茹でます。(大きさや好みの固さによりますが)
そのまま、冷めるまで置いておいてから皮を剥きます。

「Vinaigrette」
オリーブオイル大匙3 白ワインビネガー(お好きなビネガーで^^)大匙2
ディジョンマスタード 小匙1/2ほど、ハニ―(メープルシロップでも)耳かき程度~小匙1/4
レモン汁(半個分)ゼストを少々入れても美味しい。
塩、コショウ 

☆私はビネガーが効いているのが好きだから大匙2を入れるけれど、酸味が苦手な方は大匙1で(^-^)

お皿に盛る前にお豆さん達もドレッシングであえる。
器に盛り付けて、ラディッシュをのせる。

これだけでも十分美味しいけれど、オリーブ(ブラック、カラマタ、グリーン)、アンチョビ、サンドライトマト、
パセリやミント、お野菜もセロリや紫玉ねぎ、フェンネルバルブなど入れても美味しい♫

茹で卵との相性も抜群だろうし^^


旬のお野菜サラダどうですか~。
by orangeleaf-an | 2013-07-06 13:42 | お料理 | Comments(4)
華々しい方とAfternoon Tea at Secret Garden
海開き 山開きもすみ
毎日よいお天気が続いています^^

バンクーバーの夏は湿気がなく暑さもマイルドで過ごしやすい?(はず)なのですが、
刺すように強い日差しにクラクラ~っとなったりもしています。。

この日は穏やかでカラッとした気持ちの良い午後♪
そんなお天気がぴったりのカバン持ちさんとアフタヌーンティを楽しんできました(^-^)

a0196251_4495756.jpg



久々にお目にかかった「かばん持ちさん」
やはり美しく素敵でした!←見習わねば・・・
どこか似通ったところがあるのか、それとも彼女の雰囲気のなせるところなのか
きっと、両方なのでしょう~。
とても、よい空間を持てウキウキ幸せな気分に♪♫

さてさて、私の我儘に付き合って連れ来てくださったSecret Garden
a0196251_4494276.jpg


とてもラブリーです☆.。.
a0196251_4495030.jpg


待ちに待ったアフタヌーンティ

a0196251_4492761.jpg


一番上はプチフール、 レモンタルト 杏のケーキ  チョコレートケーキ
2段目 スコーン キャロットケーキ
3段目 サンドイッチ 

a0196251_4493382.jpg


どれも美味しかったです♪
お話に花咲かせ、お紅茶をのみ、頂いているからでしょうか・・・
お腹がいっぱいに!
食べきれずにキャロットケーキ1個とプチフールはお持ち帰りにしてもらいました。

残った分をこうして持ち帰るのも嬉しいですね。

♪ ~*~♪ ~*~♪ ~*~♪ ~*~

そもそもアフタヌーンティとは?

19世紀にイギリスで発祥
軽い昼食と遅め夕食が一般的である為
夕飯までお腹がもたないとの事で7代目ベッドフォード公爵夫人によって始まったのが最初とされているようです。

また、夕食はオペラや観劇を終えてからになるので
その前にアフタヌーンティを楽しむとか。。。女性の社交の場♫

~High Tea~
庶民級から始まったもので、アフタヌーンティよりも遅い時間(17時~18時)のもので、
軽食意外にお肉や魚料理も並ぶようです。

ノースアメリカに伝わってからは「High」=「Formal」と勘違いしてしまい、同じ意味として使われるようになったようです。


★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★

またまた素敵なプレゼント
a0196251_4491993.jpg




京都雲月のちらし寿司
とても美味しいとの事なので、頂くのが楽しみです♪
それと、NOBLEのメープルシロップ
これ大好きなんですよね~!

お土産用に持ち帰りたいけど、大きなサイズしか知らなかったのがミニサイズもあると分かり嬉しい~♪
グランビルアイランドのEdible Canadaにあるようです。

何時もいつも有り難うございます。
by orangeleaf-an | 2013-07-05 03:34 | Cafe | Comments(0)
日本料理教室 鯵とこんにゃく
真夏日の7月1日

カナダの建国記念日でした。 
1867年に誕生し今年で146歳
あちらこちらでお祝いイベントが催され盛り上がっていたようです♪
夜には我が家近くから花火も上がり、
「夏の夜」を感じる日となりました。

☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆

日本料理クラスin Vancouver

a0196251_2533417.jpg



お題は復習も込め 
「包丁の使い方」「出汁の取り方」「盛り付け」と盛りだくさん


切り込み・・・
a0196251_301652.jpg


イカやタコなどを食べやすく、口触りよくする為です。
蛇腹や鹿の子に入れる
入れる時は深めに入れるのがポイントです。

蒟蒻を使って切り込み終了
a0196251_2525710.jpg

こちらと
大根のかつら剥き&千切りでサラダに♪

そうそう、この蒟蒻を使ってお寿司を握ってくれたのですが、
まるで、イカ!! 知らないで食べるとイカと見紛う位に食感がイカ!
アッサリで寿司ご飯と相性がバッチリ(^-^)
新たな発見でした。



a0196251_2532827.jpg


うろこを取る時は流水で
a0196251_2534197.jpg


最初に道を作ってあげて、捌いていきます(^-^)
a0196251_2534623.jpg



それを3枚に下ろして、「なめろう」作り


a0196251_2541639.jpg



房総半島(千葉県)周辺に伝わる郷土料理
名前の由来は「お皿に残った身まで舐めるほどに美味しかった」からとか・・・^^

お味噌、香味野菜(生姜、ネギ)と一緒にたたき合わせて作りました。

まず、ネギとたたきます。
a0196251_2535287.jpg


ある程度叩いてから、味噌、すりおろし生姜を加えます。
a0196251_2535798.jpg




煮もの
a0196251_381440.png



昆布は「60度」で美味しいお出汁が出るようです(^-^)


蓮根のきんぴら
a0196251_254211.jpg



サラダに蒟蒻のラー油、醤油、お酢の和えもの、蓮根のサラダなど盛り沢山

あたまもお腹もいっぱいになった午後でした♪
by orangeleaf-an | 2013-07-01 13:21 | 教室 | Comments(0)