<   2012年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧
別離
いつかは来る
でも、こんなにも早く、突然訪れるとは‥
a0196251_21353547.jpg
 

去る6月23日 父親が人生の幕を閉じました。
享年70歳
病名は関節性肺炎による突発性肺繊維症でした。

二年前にこの病に診断されてから慢性だったのが、急性増悪に突如変わってしまいました。
慢性時はこれといった治療法がなく上手に付き合うしかない病で日本では難病指定にされています。

入院したのが6月7日
ちょっと具合が悪いからとかかりつけ医へ赴き様子見に入院となったのが、翌日には集中治療室での治療になりました。突然、急性に変更。
一気に肺が白く陰りスポンジ状態になるため、正常に酸素を送り込むことができません。どうして父親がこんな病気に罹らないといけないの!と恨み悲しんだものです。
a0196251_21384466.jpg

<別れの数時間前、ギュッと握ってくれました>


幸いにも入院した2日後から父親の側にいれました。
ちょうど、父親が入院した頃に電話をかけたものの繋がらず、妹、母親から事情が分かったものの深刻な風もなく「明日、検査みたい」とのことで、病状が安定したら直ぐに戻って来る予定が。。。

突如して襲いかかったこの悲劇
帰国してからの日々は不安と希望の中で過ごしていました。
快方に向かってるようにも感じ、一縷の望みが見えホッと一息ついた時もありました。
時には、お昼に父親と妹と三人でタコ焼きパーティをしたり、父の日には母親と妹と私とで父親の病室で一緒に父の日ディナーをしたりとこのまま順調に進めば1日2日両日中にリハビリも開始になり、ホッと一息つけるかなと思ったのも束の間、家族や知人の願いも虚しく父親との最期の時をむかえてしまいました。
入院してから、たったの二週間でした。延命治療を最初からキッパリと断っていた父親だったので、最期の最後まで意識もありお話も出来ました。 
最後は父親らしく
「もう、あかん‥」その言葉と共にこの世を去りました。

_ -_ -_ -_ -_ -_ -_ -_ -_ -_ -_ -_ -_ -_ -_ -_ -_ -_ -_ -_ -_

激動の時代を生き抜いてきた父親

戦中生まれで物資のない時代、それでも友人達と青春を謳歌し、立身出世を夢見て人一倍仕事に打ち込み一代で会社を起こし、恵まれた環境を作ってくれました。
きっと紆余曲節色々な事があったと思います。
常に前を見て努力を惜しまなかった父、自分に厳しく、人を思いやる気持ちにあふれてました。そんな父だったからこそ、厳しかったのを覚えています。それも私や兄弟のことを思っての事だったし、優しく、笑いのセンスも十分あった父でした。

それ以外にも
色々なことを教えてもらいました。
人との縁を大切に、友を大事にする事。時には「する前から出来ない」と言うな。謙虚である事。などなど。。。

本当にお勉強以外の大切なことを教わりました。

そんな父親を亡くしてしまった今、心にぽっかり穴が空いてしまいました。
普通の周囲の出来事が私には別世界に思われインターネットやブログからも距離を置いていました。
書くことで現実を嫌でも直視してしまう事や、個人的な事ゆえに、悩みました。
でも、これを無視して普通にブログを書くこともできない自分がいるのと、何処かに残しておきたい。そんな気持ちが心に中にあったように思います。

ちょうどこの28日が三十五日にあたります。
これを機に少しづつでも、前に進んでいこうという心持ちです。

このような長い文にお付き合いくださりありがとうございます。
また、これからも宜しくお願い致します。

a0196251_21344243.jpg

<若かりし頃の父>
シュノーケリングしてたのも知らなかったの・・・

追伸。。。
かなり、父親大好き娘であることが読み取れると思いますが、ご了承願います^^;
by orangeleaf-an | 2012-07-28 21:39 | その他 | Comments(12)