カテゴリ:茶道( 9 )
宗匠宅へ
和敬静寂

茶道
習い始めた動機は、和菓子とお抹茶がお目当て(*^^*)


a0196251_07345962.jpg

それが、今でも切っても切れない縁となり私に欠かせないものになっております。

日本で習っていた頃
私の先生は厳しい方でしたが同時に温かく、茶道を通じて何が大切であるかを教えてくださったように思います。
コチラでも縁があり続けております。
そのお陰で今回初めてサンフランシスコで開催された表千家の夏期講習会に参加してきました。

その講習会に日本から講師として来られたのが、松本宗匠でした。
日本でいると、宗匠のお点前を間近で拝見することや、教えて頂くなんて、雲の上の話(*^^*)って思うコト。
海外支部の講習会のお陰で目の前で宗匠のお点前を拝見でき、教えを請う好機に恵まれました。


それが縁となり今回の帰国時に宗匠宅へお伺いさせていただきました。
お伺いした日はお稽古日、
と思うだけで緊張して緊張してどうしましょうって感じなのに、
見学をさせていただくだけで十分。お伺いするというだけで緊張の面持ちなのに、「お席へどうぞ」とのお声が・・・。
いやいや。。。恐れ多くて入れません。っていう心境の私でしたが、3度目の声には「はい」とお席へ入らせていただきました。

二席入ったのち、亭主を務める方がおられなくなったこともあり、宗匠から「お点前をして帰りなさい」とのお声が・・・

有難いお話この上ないのだけど、内心は口から心臓が飛び出そうな位に緊張です。
一度は恐れ多いとお断りしてみても、「せっかく日本にいるのだから、していきなさい。何も言わないから・・・。」と
それが、一番怖い。。。

緊張の糸で張り裂けそうでしたが、目前に並ぶ素晴らしいお道具の数々に感嘆し、自然と扱う手も丁寧になるものだと感じました。本物を扱うことで目を養い、なぜ、この時にこうのようにするかの必要性を学んだ気がしました。


恐れ多くも、教えていただく機会に恵まれたこと本当に感謝の思いでした。



a0196251_07351096.jpg



a0196251_07350450.jpg

(京都 聚洸)





宗匠、奥様、
大変お世話になり誠に有難うございました。








by orangeleaf-an | 2015-11-08 08:16 | 茶道 | Comments(0)
小間本勝手点前 炉の台目点/鮭の幽庵焼き・季節の炊き合わせ
寒空がつづく春待月
a0196251_1211189.jpg

季語は
冬篭、初氷、薄氷、木枯らし、冬至南瓜、埋火、寒橙など・・・。
お茶のお稽古時に「お茶杓 ご銘は・・・」と問われる度に「何だったかしら??」
と頭を抱える始末だったのを思い出しました。
a0196251_123407.jpg

色々な事があったとはいえ、足が遠のいていたお稽古に行ってきました。

お茶室
余分なものを一切取り払い、外界と遮断された特別な空間
自然と背筋が伸び、精神が落ち着いていくのが分かります。
そういう点でいうと、ヨガも同じなのでしょうね。
ただ流行っているというだけで沢山の人がヨガをするのではなく、きちんとした理由づけがあるんでしょう。
ヨガ=瞑想だから心身のバランスを取るのにいいの♪っと友人が言っていたね。。。
a0196251_1214230.jpg


☆お稽古は小間本勝手点前、炉の台目の点前☆
4畳半を小間と思っていたけれど小間ではなかった。
台目の席の特色は炉の傍に小さな柱があり、その台目柱の奥の隅に2重のつり棚がつってある。
小間ならではのお点前で標準と違う点があり、戸惑う事も多しだったけれど
この狭さが妙に落ち着いて癖になりそうでした(笑)
ご一緒したお二方も同じことを申してましたね^^

主菓子 干菓子 
a0196251_1225334.jpg

その後に頂くお濃茶と抜群の相性♪
美味しくほっこりした時間を過ごせました。

*・゜゜・*:.。..。.:*・゜・*:.。. .。.:*・゜゜・**・゜゜・*:.。..。.:*・゜・*:.。. .。

♪鮭の幽庵焼き♪
江戸時代の茶人、北村祐庵が創案したことが名前の由来らしいです。
通常「幽庵地」は酒・醤油・みりんが1:1:1
今回は、酒・醤油・みりんで(大さじ3、大3、みりん大さじ1)
a0196251_424166.jpg

一晩漬けこんでいたからか、ちょいと濃い目のお味付けになったけど、ご飯によく合いました^^
次回は1:1:1で漬けてみよう~

♪季節の炊き合わせ♪
里芋、南瓜、白菜と湯葉の鶏ひき肉巻き
a0196251_4251194.jpg












 
by orangeleaf-an | 2012-12-09 12:14 | 茶道 | Comments(4)
紹鴎棚で茶カブキ/TERRA BREADS cafe/あんぱんに酒粕ケーキ
茶かぶき・・・七事式の一つ
a0196251_12212415.jpg


去年の3月に初めて茶カブキをしました。
2種の試し茶を喫し、その後に本茶3種を喫して銘柄をあてるというもの。
a0196251_12215558.jpg

今回は紹鴎棚を用いての茶カブキ
前はお客だったけれど、亭主を務めさせていただく事に・・・
紹鴎棚だけでも混乱しそうなのに、茶カブキときたものだから内心ハラハラ・ドキドキのお点前でした(;´▽`A``
難しいのがお濃茶を5種同じ濃度に仕上げないといけないところです。
無事何とか終了し、ホッとした次第でした♪
a0196251_12232720.jpg

難しく一度や2度では覚えれる事が出来ないけれど、楽しかったです(*゚ー゚)>
a0196251_12254388.jpg

*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚
TERRA BREADS THE VILLAGE on FALSE CREEK Café
a0196251_12262422.jpg

陶芸教室の前にサクッとランチに行ってきました。
オリンピックビレッジ自体、行くのが初めてだったので、ビレッジ内から見る景色にしばし茫然としてしまいました。いつも反対側から見るBCプレイスもサイエンスワールドも山々も違った様相で素敵でした☆
a0196251_12315282.jpg

カフェですがお昼間だったので混雑していましたが1時になるとサぁ―っと引けていきましたが・・・。
ポータベラマッシュルームのサラダ
a0196251_1232753.jpg

サーモンのパニーニ
a0196251_12321959.jpg

両方とも美味しかったよん♪
*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚
ホシノを起こしたので、そちらで餡パンを♪
a0196251_12324498.jpg

ふんわり生地で美味しかった。
a0196251_12325886.jpg


ついでに、以前作った酒粕ケーキ
a0196251_1239283.jpg












 

More
by orangeleaf-an | 2012-04-23 10:17 | 茶道 | Comments(0)
茶通箱&和総菜(大豆五目煮、切干大根の炊いたんetc)
茶通箱
a0196251_315017.jpg


茶通箱とは、
お持たせのお茶と、用意してあったお茶(濃茶)二種を箱の中に入れ客に差し上げる点前です。

茶通箱、唐物 台天目 (だいてんもく)など奥伝といわれる点前は相伝を受けていない人の前でその点前をすることを禁じられています・・・。
また、口から口へ伝えられていく為、参考となる本等は一切ありません。゚+(。ノдヽ。)゚+。
故に奥伝/秘伝なんでしょうね。

そんなわけで、今回のお稽古はかなり不安でした・・・。
軽く3年は茶通箱していません><

あの当時は、「早く帰りたい!」なんて思い「またぁ茶通箱ーー」って心中で臨んだお稽古でしたが・・・。
今では、先生に感謝の思いで一杯です<(_ _*)>
そのお陰で少々危ういながらも体で覚えていて何とかお点前できました♪

★。、:*:。.:*:・'゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・'゜☆。.:*

お稽古の帰りにウエストバンのWhole Foodsへ
いつもはCambie店に行くのだけど、ノースバンからだと遠回りになるのでこちらへ♪
以前行った時も感じたけど、キャンビー店よりこちらの店舗の方が置いてあるお野菜等が新鮮・・・。。
同じお店でもやはり違うのかしら??

゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・

さて、また五目煮です。
今回は昆布が溶けないようにって早煮昆布を使用しなかったのに溶け気味・・・><
どういう事かしら!
まだまだ修行が必要です。。。

大豆の五目煮
a0196251_14544262.jpg

ブロッコリーニのからし和え
a0196251_14554948.jpg

切干大根の炊いたん
a0196251_14565100.jpg

里芋の白味噌煮、柚子風味
a0196251_145622100.jpg

by orangeleaf-an | 2012-03-17 17:15 | 茶道 | Comments(4)
雛祭り 三木町棚でお濃茶 リベンジカンパ
桃の節句

幼少の頃よりお雛さまが好きで、雛壇の前に座ってはその華やかな段を眺めていました。

*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:.

そんな節句の日にお稽古に行ってきました。
a0196251_6331082.jpg

お茶室に入るとあちらこちらに雛人形が飾られ、お道具もお雛さまに因んだものを取り合わせてあります。
a0196251_633289.jpg

a0196251_6324733.jpg

a0196251_6401193.jpg

お茶碗もほらっ♪とっても可愛い。。。
a0196251_633431.jpg

隣のお茶碗にお茶入れは陶芸教室のHideさん作のものです。
a0196251_632541.jpg


゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚

夕方、旦那さんの親戚のお宅でお雛さまディナ~となりました。
昨年のちらし寿司とはうってかわり、今年は雛祭りに関係のないお料理になってしまいました・・・。

リベンジカンパ
昨日は失敗して凹んだけど今日は出来ました(^^)
a0196251_632336.jpg

Roast かぼちゃ&さつまいものMaple Balsamic dressing 
a0196251_6322331.jpg

Quinoa Salad with ChanpangneVinegrette
a0196251_6321395.jpg

以前からお友達のブログで気になりジェニーさんが紹介されていたシャンパンビネグレッタ
残り少ないシャンパンビネガー、ここぞとばかりに作りました♪
とっても美味しかった(*^^)vご馳走さまでした。

ご馳走になったカリフラワーのグラタン
a0196251_6311755.jpg

鴨肉のハーブトマト煮込み
a0196251_6381477.jpg


桜餅
a0196251_6322643.jpg


和文化に触れ、美味しい夕食をいただいた一日でした♪
by orangeleaf-an | 2012-03-03 22:50 | 茶道 | Comments(17)
三木町棚/一閑人の蓋置
お雛さまが近づいてきました。。。
a0196251_1031561.jpg


今回は三木町棚と一閑人の蓋置きのお点前でした。

お棚にも色々と由来や意味があるのでしょうが、あまり意識していなかったのですが><今回先生からお棚の由来やを聞き「ふ~ん!なるほど~(゚∀゚)ノ」と三木町棚が身近に感じました♪

三木町棚とは・・・
a0196251_103243.jpg


江岑(四代)好み
三木町は紀州和歌山の町名で明治維新まで表千家の下屋敷がありました。
千家は江岑から紀州家に仕えており、屋敷に滞在中、杉、檜、樅の残り木を寄せ木にして作ったと伝えられています。

一閑人蓋置とは・・・
a0196251_1033869.jpg

七種蓋置のひとつ。井筒形の側に井戸を覗き込むような姿の人形がついた蓋置。
千利休が選んだとされる七種蓋置(「火舎」「五徳」「三葉」「一閑人」「栄螺」「三人形」「蟹」)


美味しい菓子にお抹茶、至福の時間でした♪
茶室にいると気持ちが安らぎ余裕がでるのは、なぜだろう?
ほんと時間が止まったかのような・・・いい雰囲気です。

More
by orangeleaf-an | 2012-02-25 14:00 | 茶道 | Comments(4)
長板 諸飾り点前 & Lamb lamb lamb
「座り火箸に立ち火箸」

今日のお稽古は長板の諸飾りでした。
a0196251_15173994.jpg

う~ん、微妙に覚えているけど・・・どうかな??
お点前始めると、おぼろげながらも覚えていてホッと一安心♪

美味しい主菓子、干菓子にお薄・・・至福の時だわね♥
凛とした中にもまったり過ごした午前中でした^^

。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。

お次は陶芸教室へ

空焼きから2つ上がってきたので、色つけ♪

一番悩むのが色。。。色なのよーー><
出来あがって、「おっ!イイ感じ♪」って時と、
「えーーー><何なん!!この色。。。」って時

今回の一つは安全策をとり、後二つはヒデさんのお知恵を拝借♪
どうなって出来あがってくるのか、出来上がりのお楽しみd(´∀`*)ネッ!

それと、主人のママさんへのXmasプレゼント用にお茶碗とそばちょこの作成~。


。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。

そして、最後は夕ご飯
今日は朝から出っぱなし・・・。
a0196251_1518562.jpg


でも、先日 ジムに行った時の事
Jamie Oliver のJamie's Meals in Minutes を見て(Jamie君好きです♪あの、雑把な感じが。。。)
そそられてしまったお料理
Lamb lamb 羊ちゃん・・・それと30分で出来るってところがイイ!

ただ、問題は、これだけは苦手で「嫌いな食べ物は?」と問われると
数分いれずに「羊!」って答えるほどに。

何って?あの、独特な癖のある匂いがダメなんよー><

なのに、Jamie君のつくるLambがとっても美味しそうだったのと、旦那さんがLamb好きなので初挑戦o(・д´・+)ゞシテミマシタ!

Lack of lamb,red wine gravy
a0196251_15182213.jpg

Vegetable Platter with Mint souse
a0196251_15181377.jpg

Heirloom tomatoes with Raspberry &Burrata
a0196251_1382239.jpg

Burrata with Oak smoked sea salt & olive oil
a0196251_1518960.jpg


ハマってしまったBurrataチーズ♪
先日シアトルに行った時に買ってきました^^
シンプルにお塩とオイルで食べる方がBurraraの風味がして美味しい~

Lamb食べれたよ~^^気にならない位の癖で大丈夫デシタ!
gravy作る時に小麦粉入れすぎちゃったから、ドロっとしすぎてしまったけどミントソースとあんばい合って
美味しく食べれました♪
これから、ちょくちょく出番ありかな。。。(*^^)

More 長板諸飾り お料理メモ
by orangeleaf-an | 2011-12-03 22:50 | 茶道 | Comments(8)
夏のお茶会
夏のお茶会に行ってきました♪
a0196251_104728.jpg


More
by orangeleaf-an | 2011-07-10 05:14 | 茶道 | Comments(2)
茶カブキ
先日、お茶の先生が主催する茶カブキに行ってきました。

茶カブキとは・・・

七事式の一つ、茶カブキ(ちゃかぶき)

室町時代に盛んに行われた闘茶を取り入れたものでお茶(濃い茶)の銘柄を当てるものです。
また、味覚の修練の為に作られたものでもあるそうです。

では、どういうことをするかと言うと

5つの棗(なつめ)があり、その内の3つの棗の蓋の裏に

それぞれ「 竹 田 」・「 上林 」・「 客 」と書かれてあり

残りの二つの棗の表には「竹田」「上林」とあります。

まず、棗の表に書かれてある「竹田」「上林」の2種の試み茶を

亭主が連客(お客)に立て、客はその味を覚える。

その後、本茶三種を亭主が立て、客は三種の内のどれかを答えるというもの。

本茶を一服飲むごとに「竹田・上林・客」とそれぞれ書かれたものを、折据にいれ

執筆者に回します。


執筆者は誰が何を入れたかを紙に書き記しているので、最後にそれが公表されます。


私は、今回初めて茶カブキでお客をさせていただいたのですが、お茶を当てるのは難しかった><

それに、お濃い茶を5服いただくのは贅沢だけど、もう無理だわ。。。


少々のカフェインは余裕の私でも、終わってからは血圧が上がってるのかフラフラするし、胃がおかしくなってるんだもの(*_*;

でも、初めのの茶カブキ、お稽古の人達と良い勉強にもなり楽しかったです♪

a0196251_948619.jpg

by orangeleaf-an | 2011-03-20 09:00 | 茶道 | Comments(2)