カテゴリ:お菓子( 39 )
帯結びのお稽古 & forêt-noire
何ごとにおいてもそうですが
「練習する」大切さを感じるこの頃です。


a0196251_23073779.jpg
かばん持ちさんによる着付けのお稽古2回目です。
今回は帯結び

a0196251_23065431.jpg

今まで腕が攣りそうになりながら結んでも綺麗に結べずだったのが、お教え通りに結ぶと(慣れない手つきで手間取るけれど。。。)ピシっと着れました。

いくつかのポイントを忘れないように、そして腕に体に覚えさすよう練習しなきゃです(^^)

・*:..。o○☆*゚・*:..。o○☆*゚・*:..。o○☆*゚・*:..。o○☆*゚


⭐︎forêt-noire⭐︎

a0196251_23072585.jpg

フランス語ではフォレノワール 英語ではブラックフォレスト 黒い森ですね。
ドイツ南西部に広がる森林地帯シュバルベルダーSchwarzwälder「黒い森」に見えるのが由来であり、
チェリーの産地しても有名なようです。


そういえば、日本にいた頃
さくらんぼの時期になるとよく食べては止まらなくなり父親からストップがかかってましたね。。。笑


a0196251_23071577.jpg

こちらのお菓子

ココアのスポンジ、グリオットチェリーのコンポート、クリームシャンティを使うのが特徴となっており、この基本は守ったまま今回は少し変化を付けて作ってみました♫

ココアのビスキュイにダークチョコレートのムース、チェリーのコンポートとジャム、アーモンドのビスキュイにホワイトチョコのガナッシュクリーム、最後にチェーリのジュレ

こちらで作るのが今回が初。チェリーのコンポートとジャムが少し緩かったかな。。。というのと、ガナッシュクリームの割合を増やしてみても良いのかな?それとも、白いムースにしようかな。。。っていうのが次回の課題です(^^;












by orangeleaf-an | 2016-07-17 06:38 | お菓子 | Comments(0)
XmasのCake達♫

2月4日は立春


其の前日の3日が節分

豆まきが頭に浮かびます。

何故?と思い調べてみると・・・

新し年を迎えるにおいて邪気を祓うという意味だそうです。

な~るほど、悪いものを取り除き新たな新年を迎えるって事だったのですね。



a0196251_08492558.jpg



すね。今年の春節は2月8日になるようです。
あちらこちらで赤や金のお祝いのディスプレイがされています。
一体ココはどこかしら??って言うほどに。。。笑


☆☆.。.:*・゚*:.。.☆☆.。.:*・゚*:.。.☆☆.。.:*・゚*:.。.☆☆.。.:*・゚*:.。.☆☆


さて、お話は12月に逆上ります。


親しい方からクリスマスのケーキのご依頼を受け試作を重ねていたXmasケーキ♫

色々と試作を重ねる度に色々な発見、アイデアが浮かんだりと大変お勉強になりました。

一つのお菓子から2つ3つへと枝分かれして、バリエーションが広がっていくのも楽しい一つでした。


そんなこんなで出来上がったケーキ達


a0196251_08431052.jpg

  ジェノワーズ

ガナッシュクリーム(ホワイト)

ジャンドゥーヤ&チョコレート

栗の渋川煮

グラサージュ




a0196251_08432165.jpg


一番上のNoel

チョコレートのクレムー

ジャンドゥーヤのムース

フランボワーズ

グラサージュ



クリスマスから遊びに来ていた妹、主人とでほぼ毎日ケーキの試食をしておりました(*^^*)


「美味しい~」

って言葉を聞けると嬉しいもの♫

その一言のために作っているようなものかも・・。





by orangeleaf-an | 2016-02-02 09:43 | お菓子 | Comments(0)
ショコラなピーカンナッツのクロッカン
croquant aux amandes Pecan et chocolat

a0196251_10130623.jpg


お菓子を作っていると卵白が以上にあまったりして消費に困るのもしばしば。。。
フィナンシェを焼いたり、ダックワーズ、マカロンの練習をしたりなどなど

今回はまたまた作ってみたくなった「クロッカン」
フランスの卵白のお菓子で「カリカリ」という意味があるようです♫


「カリカリ」の意味なのに、
カリカリのものと中が外がカリっ、
中がモチネチっとしたのと出来てしまった(^_^;)

きっと作り方を変えてみたのも理由の一つかもしれないけれど、
これはこれで、美味しい〜〜♡

珈琲と一緒にいただくとよく合って食べると止まらない。。。
ウバなどの茶葉を濃くだしてミルクティにしても相性よいかも。

まだまだ卵白はいっぱい。
さて、前の作り方にしてフリーズドライのフランボワーズでも入れて作ってみようかしら。
何となく、バレンタインっぽい。。。


by orangeleaf-an | 2016-01-26 10:17 | お菓子 | Comments(0)
The Twelve Days of Christmas
On the first day of Christmas
my true love sent to me
A Partridge in a Pear Tree・・・。



a0196251_16043941.jpg



この数年、この歌をXmas会で歌っています(*^^*)
今年もまた同じように歌い、しばらく頭の中をグルグルと回っていました。


Xmasはまだまだ先のこと
って思っていたけれど、もう来週に迫ってきましたね。
クリスマスパーティや、準備で忙しくされている方も多いのではないでしょうか?

私はといえば、ほぼケーキ三昧になっており、
作るのと食べる毎日に(笑)
赤いノエルが終わりに近づき、Xmas用の試作が開始しました^^;

a0196251_16051944.jpg

a0196251_16050483.jpg


ほぼ出来上がりかなって感じだったけれど、新たなアイデアが浮かび作ってみたくなった今日この頃です。
でも、早くしないと間に合わないよーー(^_^;)






by orangeleaf-an | 2015-12-19 16:12 | お菓子 | Comments(0)
Entremets aux fruits rouges
赤い果実のケーキ
a0196251_07545619.jpg

クリスマスと言えばブッシュ・ド・ノエルですが、
赤い果実、ラズベリーやイチゴを使ったケーキもクリスマスの雰囲気で大人可愛い♫
と思うこの頃です。



a0196251_07544447.jpg



しっとりと焼き上げたジェノワーズ生地に
イチゴとフランボワーズを入れた優しい口当たりのホワイトチョコのシャンティクリーム
赤い果実の風味豊かなアントルメになりました。




a0196251_07543918.jpg



シャンティにフルーツが入ることで口当たりも軽くなり、ひと口で止めらない美味しさに(*^^*)
チョコとクリームのバランス、またフルーツの割合など色々とまだ試作段階ですが、
ほぼ完成でしょうか。。。



by orangeleaf-an | 2015-11-19 08:06 | お菓子 | Comments(0)
Tarte aux poires et aux noix.
落葉も美しいです


a0196251_02443500.jpg

歩いていると目にするのが、地面いっぱいに広がっている色とりどりの落ち葉
楓、もみじ、銀杏の葉
まるで、そこだけを見ていると映画のワンシーンのようです(*^^*)

さて、この時期になると、焼きこんだタルトを食べたくなってきます。
洋梨、林檎、木の実、マロン・・・。

りんごは年中通して見かけるので、まず洋梨のほうに目がいってしまいます。
沢山の種類があるので、色々と食べ比べも楽しいです(*^^*)



さて、久しぶりにキャラメリゼしたナッツを作りたくなりました。
パクパクと食べだすと手が止まらなくなる危険なおやつ。。。

a0196251_02440535.jpg



消費の意味と秋らしいタルトということで、

♫caramelized nutsと洋梨のタルト♫


a0196251_02442631.jpg

ノワゼットを入れたシュクレ生地にキャラメリゼしたナッツ、
アーモンドとヘーゼルナッツのダマンドを入れ洋梨をのせて焼きこんだタルト

Pearの風味とキャラメルナッツのカリッとしたのが
ふんわりしっとりのダマンドと合い美味しいお菓子が出来上がりました♡



a0196251_03032068.jpg








by orangeleaf-an | 2015-11-11 03:05 | お菓子 | Comments(2)
W Fromage,Operaなど最近のお菓子♫
海の日





a0196251_08215285.jpg
卒業からひと月、
ココバンクーバーに戻ってきて、かれこれ3週間過ぎました。
あれよあれよと言う間に日が過ぎていくばかり
戻ってきた当初の暑さと時差ボケで夏バテになりそうでしたが、ようやく勘を取り戻してきました。

さて、忘れてならないのはお菓子作り
暑い部屋(クーラー無し)でのお菓子作りは少々大変でしたが、何とか出来ました(^^♪



フランボワーズとバニラのムースケーキ

ビスキュイ焼いたのはいいけれど、
いい匂い〜って思いながら焼き時間きっちり取ってしまったら、底がーー焦げました(;_;)
あ~~~あ。。。面倒くさくても焼き直しをすれば良かったと後で後悔。。。


a0196251_02485002.jpg


a0196251_09071717.jpg


Coco Banana

コルドン中級の終了パーティでいただいたケーキ。
いわゆるバナナケーキのようなものだけど、
ココナッツの風味とチョコ、バナナの香りが口の中に広がる、ふんわり、しっとりしたお菓子


a0196251_08212223.jpg
W.Fromage

上級最終の授業のデモ時の一つ
Wの名前の通り、レアとベイクのチーズケーキのミックス
レモンクレームの酸味が程よくきいて美味しいです♡
チーズケーキ離れしていた私でしたが、試食でいただき、「作りたい」と思ったお菓子

a0196251_08213560.jpg

Financier Nature

何度か作ったことがあったけれど、なかなか思うように出来なかったフィナンシェ
コルドンに通ってから初めて作ったフィナンシェ

a0196251_08223764.jpg


Opera

中級で習ったオペラはジョコンド生地のみで作ったけれど
こちらはジョコンドとビスキュイの2つの生地を使い、ガナッシュとコーヒーのクリームで仕上げ。

気をつけたつもりでも、フラットになっていないし・・・。><

a0196251_08205527.jpg




by orangeleaf-an | 2015-07-21 13:43 | お菓子 | Comments(4)
Tarte aux Kumquat
金柑のタルト


a0196251_07312995.jpg






私の好きなお菓子教室 Le bonheur
レッスンを受けるのが帰国の楽しみの一つになっています♫
でも、見逃してしまうレッスンも多々あり残念。。。

2月のレッスンは金柑のタルトに木の実のタルト
どちらも以前から作りたいと思っていたもの。
美味しそうなタルトにInspireされ、来年まで待てずに作ってしまいました(*´∀`)

a0196251_07262569.jpg

ちょうど、金柑の蜂蜜煮にシロップ煮も作ったのがあるので、そちらを用いて♡


お教室のと比較すれば、お味的にも出来栄えもかなわないでしょうが、
まぁまぁ、それは置いておいて・・・作ったってことに自己満足♡



a0196251_07312949.jpg




作るって事はやはり大事って事を再確認しました。
学校でもあんなにタルトを作っていたけれど、
気付く点、気になることが、一つふたつと見えてきて
今はタルトのツボに片足いれてしまっています。。。(ーー;)

ダマンド一つにしても空気を含ませ軽く仕上げるか、含ませないでしっかり仕上げアーモンドの香りを残すかなど
好みや時期、合わせるものにより変化をつけるってこと。


いつか、お教室のTarte aux Kumquatを受けたいですね。








by orangeleaf-an | 2015-04-08 08:03 | お菓子 | Comments(2)
Kumquat 金柑のコンポート White wine & ginger and Black Pepper
金柑  kumquat

a0196251_05432208.jpg


a0196251_05430825.jpg




「金柑=風邪の時に食べるもの」って思っていました^^;
ミカン科キンカン属で昔から風邪の妙薬として使われており、
咳や喉の痛みに効果的にようです。

果実にビタミンÇが豊富に含まれており
果皮にはその吸収を助けるヘスペリジン(ビタミンP)が含まれています♫

ビタミンCは美肌、抗酸化作用、免疫力をup
ヘスペリジン(ビタミンP)は血行促進作用、血中コレステロールを下げる作用
まるまる頂けるキンカンさんは美味しいだけでなく優秀さんですね(^^♪


お正月に初めて甘露煮を作り、色々と使えることが分かり「もう無いのかしら?」っと
思っていたところ、最近Wholefoodsで見かけました。


日本の丸い形とは少し違い縦に長い楕円なのですが、種類が違うだけで同じ金柑です。


a0196251_05423616.jpg


今回、蜂蜜にに惹かれて作ったのですが、
蜂蜜のみで作り^^;お味が濃ゆくなりすぎたので、(美味しいに保存性は良いけれど。。。)


a0196251_05424850.jpg


次は白ワインに生姜、黒胡椒を入れてより風邪予防になりそうなコンポートを作りました♫



a0196251_05425842.jpg



☆覚書レシピ☆

金柑 約500g(今回514g)
白ワイン 200ml
お水   200ml
グラニュー糖 210g
生姜   一片弱
黒胡椒   10粒弱(棒で潰す)

☆作りかた☆

瓶を煮沸消毒しておく。←金柑を煮ている時にするとよい。
沸騰した湯の中に入れてた後、取り出して逆さにして乾かしておく。

1.お鍋にお水と金柑を入れ2度茹でこぼす。
2.ザルに金柑を取る。
3.お鍋に金柑以外の材料を入れ火にかける。
4.グラニュー糖が溶けて沸いたら、金柑を入れて
落し蓋をして弱火で30分ほど煮る。

出来上がり後、瓶に入れて蓋を閉て逆さにして冷ます。
面倒でなければ、瓶に入れた後に沸騰した湯の中に入れ(1/3ほど瓶が浸かる程度)
15分程煮た後、逆さにして冷ます。

出来たシロップ煮は、そのまま食べても、お湯やスパークリグウォーター、お酒で割ってもよし、
ヨーグルトに入れても美味しいだろうし♫
私は、お料理の白和えに入れたり、酢の物に入れたりもしています。












by orangeleaf-an | 2015-03-30 13:52 | お菓子 | Comments(0)
Weekend Citronでほっこり at Milano Espresso Lounge

レモン風味のウイークエンド♬を持って・・・

a0196251_14300340.jpg

こちらに戻ってきてからは「忘れてはならぬ(・_・;)」という思いで日々お菓子作りに励んでいます!←(な~んて言えたらいいのだけど・・・) 


先月の東京マラソン(私は応援部隊)から戻ってきた数日後

友人達とランチをすることになっていたので、お持たせにとWeekend Citronを作りました♬


a0196251_14303942.jpg

バターを使ったお菓子で

泡立てた生地に溶かしバターを入れていくというもの。

作り方、配合など基本的に同じでも作り手さんにより、砂糖の量であったり、お粉の配合具合、クリーム使用かサワークリームか、

などなど。。。十人十色です。


a0196251_14302045.jpg


さて、ケーキ作り♡

同じものを2つ作ればよいのに、材料の一部を変更して違いがあるか?どうか?を知りたくって、一部を変更、置き換えて作りました。

生クリーム全量のと生クリームとヨーグルトを合わせたものと。



お味見する以前に違いが・・・。

作り方もまったく同じにしているのに、泡立て具合でしょうかね。

生地の出来上がりが全く違うものに!2度目の時は型もパウンド型ではなく、クグロフ型なので正確な比較は出来ないものの、

型に流し込む段階で生地の違いが歴然でした(-д-;)


焼き上がり後、グラスアローとピスタチオでオメカシしてランチの場所のあるガスタウンへGo(^-^)



a0196251_13500005.jpg



ランチはマタニティの方でもゆったりと座れるお店ということでShirakawa



a0196251_14305814.jpg

以前も「ソースを別のものに」とワガママを聞いてもらい、今回も前回のように伝えると逆に「下ろし大根にポン酢も出来ますよ^^」との事

それなら~っと友人と二人してそちらをチョイス♬



a0196251_13484527.jpg




あと二人の友人はカレ―とToday's Specialの鮭南蛮のサンドイッチ



a0196251_13501931.jpg


濃くてFattyなのがお好きな方であれば鮭南蛮はお勧めかもだけど、

あっさりがお好みの方は控えたほうが良いかもです。。。

パンもバターたーーっぷりに揚げ焼きっぽく、そちらにカラッと揚がった鮭さん

ソースは南蛮ダレ(マヨ系だったような・・・)


カレ―は柔らかいお肉がほぐれて全ての具に馴染んでいました^^

チキンさんは、言うまでもなく大根下ろしにポン酢で合ってました♬



*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:.


そしてMilano Espresso Lounge



a0196251_13493344.jpg

こちらも広々していて、ゆったり出来ます♡

飲み物を頼み、友人達へお菓子の贈り物~


日本じゃ”あり得ない”かもだけど、ここだと持参お菓子を広げてお茶~なんて出来ます。

友人達、「美味しそう~~っ!今、食べる~」って2つのウイークエンドを試食してくれました(^-^)


見た目の違い、食感などの感想も聞けてよかったです♬

しばらく、このケーキが続きそうです(^^ゞ



Milano Espresso Lounge Gastown
36 Powell St.
Vancouver, BC V6B 2JY
604.558.0999

Monday-Friday, 7am-9pm
Saturday & Sunday, 8am-9pm


by orangeleaf-an | 2015-03-14 09:44 | お菓子 | Comments(0)