カテゴリ:日本( 34 )
Paris-BrestとChou à la crème

Had a wonderful time at my friend's place

a0196251_08413579.jpg

3月の帰国時

友人宅で開催されたパティシエによるスイーツレッスン




a0196251_08423985.jpg


a0196251_08393825.jpg

テーマはシュー生地♬
同じ生地を使って2種類のシューを習いました。
パリブレストとイチゴのシュークリーム



a0196251_08430076.jpg

シェフの無駄のない流れるような手さばきを間近で見ながらのレッスン
作り方のポイントや綺麗に見せるちょっとしたコツなどを教えていただき、
参加者の皆さまは
見るのに、メモするのにと大忙しな様子でしたo(^_^)o



a0196251_08423073.jpg


a0196251_08413579.jpg


出来上がった後は
North Americaの
Healthy Foodsの食事事情のご紹介を兼ねたランチ



a0196251_08425462.jpg


芽キャベツとカリフラワーとキヌアのサラダ
エンドウ豆&カリフラワーのポテトサラダ
with
Honey lemon garlic dressing
鶏肉の煮込みwith Cilantro Lime Sauce


a0196251_08424705.jpg
そして、メインのデザート♬
お腹もいっぱいなり、パリブレストは半分にしました。

a0196251_08430076.jpg

パリブレストはとってもリッチなヘーゼルナッツのバタークリーム
でも、重すぎることなく本当に美味しい〜♬
イチゴのシュークリームは見た目もとっても可愛く、
イチゴとクレーム・レジェール、クリームシャンティのシュー
こちらもほのかな甘みでGreat!


友人Candyのお陰で今回のサロンが叶いました。
色々と二人で準備したり、
とても楽しく充実した時間を過ごせました。
彼女の至る所においてのサポートや準備段取り全てにおいて
感謝の気持ちでいっぱいです。











by orangeleaf-an | 2016-04-12 13:38 | 日本 | Comments(0)
Friande フリアンド
夙川にあるブーランジェリー・フリアンド
3代続く老舗パン屋さんです。
a0196251_08423971.jpg


GW中にコルドンではシェフを迎えてのレッスンが幾つか開講されていました。
パンはそのフリアンドのシェフ、谷口佳典氏によるものでした。
私は通常授業があった為に参加出来ずでしたが、受けた方から、話しを聞くとまるで、講義のよう♬
出来上がりのクロワッサンの層の美しさやバゲットの完璧さなどの話も伺い「パン食べた〜い♡」
で、友人と行ってきました。

「うわ〜( ´ ▽ ` )ノ」っと美味しそうなパンがずらりと並んでいます(^-^)
a0196251_08260954.jpg

a0196251_18335287.jpg

種類も豊富にあるので、あれも!これも!と欲しくなります。
a0196251_18335474.jpg


ラッキーなことにシェフがおられたので色々とお話もできました(^-^)
今年の9月フランス・リヨンで行われるモンディアル・デュ・パン(製パン国際コンクール)の日本代表に選出されています。
そのお話やシェフのパンに対する探究心、またお客様思いのパン作りなど垣間見れ、このお店が沢山の方から愛されているのも自然とうなづけました。

お昼を過ぎるとパンは殆んど無くなってましたf^_^;
a0196251_08270900.jpg


by orangeleaf-an | 2015-05-12 19:06 | 日本 | Comments(0)
ホッとのんびり一休み
学校が始まって怒濤の半分が過ぎました(笑)昨日(金曜)の中間テストも無事終了して初の2連休(^-^)
a0196251_18234963.jpg



ホッとひと息つきたいな〜っという思いです。
a0196251_1824458.jpg


先ずは綺麗を求めにDreapさんに行ってきました♡

a0196251_1824058.jpg



思えばオーナーでありスタイリストの高橋氏とは9年来のお付き合い。


スタッフの方達も皆さんとても個性豊かで自然体、(女の子はみんな可愛い♡)
お店の雰囲気も和みがあり、居心地がいいんです(^-^)

a0196251_18235834.jpg


a0196251_182431.jpg



待ち時間の間に出してくれるお菓子♡
優しいお味で美味しいの。
a0196251_18235960.jpg



本日はカットとカラーの他に以前から気になっていたベッドスパをしてもらいました。気持ちよくって、いつもならシャンプーの間中もお話ししているのに、今日ばかりは身を任せウトウトしてしまいました(*^^*)
お疲れ気味だった頭皮もリンパを流してもらいスッキリ。


綺麗にしてもらい、気分も晴れやか♬
自然と笑みになっている自分がいます。


スタイリストの可愛い女の子からのサプライズプレゼント♬
a0196251_1824056.jpg



単純ですが(笑)
可愛いもの、綺麗なもの、温かみのあるものは心を豊かにハッピーにしますね。
ついで言えば、美味しいものも!


この後は、そちらを頂きに行ってきます♬
by orangeleaf-an | 2015-01-17 15:22 | 日本 | Comments(0)
Essentiel


Essentiel エッサンシエル





a0196251_20545885.jpg



大阪北浜にあるフレンチレストラン
シェフの大東氏はフランス時代にアランデュカス氏に師事し、
ル・コントワール・ド・ブノア大阪ではエクゼクティブシェフを務めたお方です。

a0196251_17564067.jpg



バラ園や中之島の景色が見下ろせるビルの7階にあるこのお店
店内に入ると、長テーブルが目前に広がる割烹スタイルのオープンキッチン♪
シンプルでありながらもエレガントな雰囲気で心地よい空間です。


「利休の美」
のような無駄なものは一切排除したような一皿ひとさらを器からお料理を通して見受けられます。



a0196251_17561012.jpg


お食事に行くのも楽しみの一つですが、
今回はお店で開催されているお料理教室に参加してきました♪



a0196251_17532481.jpg



お店で出されている月メニューから3品
デモストレーション形式で行われ、終了後はその3品を含むコース料理をいただけます。






a0196251_17541232.jpg



a0196251_17553506.jpg





今回は
ブイヤベースのコンソメジュレ/毛蟹
甘エビと人参のシェルムーラ
Bitter and Whiteのテリーヌ オ ショコラ



a0196251_17532932.jpg






a0196251_17535571.jpg







a0196251_17533950.jpg



a0196251_17534470.jpg


終了後は
美味しいスパークリングワインと一緒にお食事の開始



a0196251_17564776.jpg




a0196251_18182231.jpg





a0196251_18164672.jpg




a0196251_17561916.jpg





a0196251_17545180.jpg







a0196251_17545722.jpg



a0196251_18165013.jpg




a0196251_17552611.jpg








来月は何かしら?
受けれる方が羨ましい~~って思いながらお店を後にした午後でした。
お腹もいっぱいになり淀屋橋の駅まで歩くつもりが、
難波まで歩いてしまいました^^

















by orangeleaf-an | 2014-09-24 22:25 | 日本 | Comments(0)
味所望 
日本料理

a0196251_16551066.jpg



ひとさら一皿に季節感を感じさせ、素材のもつ美味しさを存分に引出し、
心豊かに楽しめるお料理



そんなお料理を
味所望さんにて、第一回 松花堂弁当の講習会に参加してきました。



a0196251_10401246.jpg



a0196251_10401678.jpg




清水清隆先生は元・味吉兆料理長(その当時にミシュラン1つ星獲得)
日本料理の素晴らしさを伝えるべく、大学や料理学校で教えておられます。




a0196251_10402091.jpg


清水先生に師事するようになり早2年、
帰国時にしかお教室(シェリブロ)で習えないのが悲しいところですが、習うたびに日本料理の奥深さ、繊細さ、季節感の表わし方や素材の美味しさを活かす調理法、技法に感嘆しています。



流れとしては、デモストレーションでの説明の後に、個々に分かれて調理開始です。
プロの料理人の傍らにたち、刺身の切り方、揚げ物、煮物などを作ります。


a0196251_10400265.jpg


日本料理、全てにおいて丁寧であり無駄のない作り方。
普段では知ることのない、ちょっとしたコツなども学べた有意義な時間となりました。




a0196251_10395649.jpg

今回作った松花堂弁当
品数が多くて作るのが大変でしたが、出来上がったお弁当を見ると疲れもどこへやら・・・。
その美味しそうな一つ一つのお料理に嬉しさと舌鼓をうった夕べとなりました(^-^)

先生はじめ、おかみさん、料理人のみなさん、
そして、ご一緒になった方がた、ありがとうございました♪





by orangeleaf-an | 2014-06-10 17:07 | 日本 | Comments(2)
パン屋さん
Tell me about your favorite パン屋さん♪

a0196251_23333013.jpg

パン屋さん、どれだけあるでしょう~。
Breadsに関していえば、カナダに来て好みが少々変わったように思います。
以前はふわんふわん、甘め、お菓子パンが好きだったのが、今では粉の風味がするしっかりしたパンが好きです。
偶には自分で焼く時も、柔らかな~なふわふわパンとも思うのにハードタイプになってしまっていますr(^^;)


私の好きなパン屋さんの1つが大阪は本町にあるPAINDUCE


a0196251_23330582.jpg

天然酵母パンに、粉の滋味あふれるパン、菓子パンからお野菜たっぷりのお惣菜パン、


a0196251_23332151.jpg



a0196251_23325958.jpg


とバラエティ豊かです。普段だと手に取らないものもPainduceのものだと、「ちょっと食べてみたいかも~」
っとつい手が出てしまっています。

米山シェフのパンに対する姿勢や粉への追求心、拘りなどをシェフの教室を通して見ていると
沢山の人からPainduceのパンが好まれている理由が分かった気がします。
帰国した時しか受けれないのに、それに何重の輪をかけるようにして予約が取りにくいシェフのパン教室。
次回は受けれるかしら??


a0196251_23331491.jpg


パンデュース以外にも好き&行ってみたいお店が沢山

そのうちの1つが、芦屋にあるBÄCKEREI BIOBROT ベッカライビオブロート)
頂いて食べたのが最初、美味しさに感動して再びねだって買ってもらいました。
ドイツパンに魅かれ、マイスターを取るべくドイツ留学された松崎シェフ、
お会いしてお話しを伺ってみたいです(*^^)


ドイツパンで挙げるなら、堀江にあるKirschbluete も美味しいです。
彼女の焼くドイツパン どれもこれも拘りがあって美味しい♪

a0196251_00045537.jpg

ライ麦や雑穀、粉の風味が好きな方にはお勧めです。
あと、ドライフルーツ入りのも外せません♡


吹田にあるLe Sucre Coeur
美味しそうなパンがずらり。食べてみたいです(^-^)
お店のHPからブログ に飛んでみると私の好きなサンフランシスコにあるTartineに研修に行かれてました。
羨ましい!私も実際に見てみたいですね。私もこの本を手に取って「こんなパンを焼きたいっ!」って
意欲にかられてしまいましたからね~(笑)
それに、ここのはサイズはUS並みでもお味は美味しい!ここのスコーンも美味しくって、レシピを探した位です(笑)

ル・シュクレ クールの岩永シェフのブログを拝見して、
シェフのパン作りに対する思いであったり姿勢、また彼自身の考え方に共感すると共に尊敬の念を抱きましたね。
まだまだ地団駄踏んでいる私とは大違い。。。


何気に作ってハマッてしまった^^デイツ・フィグ・アップルリングのパン♪

a0196251_23370106.jpg

気負いなく何げに作る方が、良い気がする。
なんでもそうなんだけど・・・。

さて、お次は何作ろう~~(*^^)








by orangeleaf-an | 2014-04-13 08:14 | 日本 | Comments(2)
コルドンでBaguette au levain 
再び日本から・・・
a0196251_9542565.jpg


台風だし、雨風凄いし、警報出てるし
エリアメールはひっきりなしに鳴ってるし・・・


そんな台風が来ていた9月16日
以前から受講したかったコルドンブルーの天然酵母ルヴァンのレッスンを受けてきました。
習ったのは、ルヴァンを使ったバゲット、イチジクのタルト、ヴィエノワーズ(二色のバゲット)

a0196251_951129.jpg





ルヴァンのバゲット

a0196251_954146.jpg




いちじくのタルトは発酵生地と混ぜての生地作り

a0196251_952506.jpg




ヴィエノワーズ(ウィーン風のフランスパン)

a0196251_953103.jpg


砂糖、卵、ミルク、バターを使ったチョコレートとバニラ味のやわらかなパン


天然酵母でパンは焼いているから、余計に気になったコルドンのルヴァン生地でしたが、
「そうは問屋は卸さない」という感じで終わってしまいました。。。(残念。。。。)
それでも、ルヴァン生地を見て触る事が出来たので収穫有りでしたが・・・(*^^)

*一口メモ*
ブリオッシュ・・・バター含有量が50%以上
ヴィエノワーズ・・・バター含有量50%まで
by orangeleaf-an | 2013-09-21 21:36 | 日本 | Comments(3)
神戸旧居留地 オリエンタルホテル / 切干大根の炊いたん
オリエンタルホテル

阪神大震災で被害を受け閉鎖
15年の時を得て同地に再オープンした神戸旧居留地のオリエンタルホテル
館内には開業当時の写真や絵画を展示してあるので、その当時の様子も伺えます♫


重厚感があり
落ち着いていて何度でも通いたくなる^^
そんなホテル


ホテル内にあるレストランMAIN DINING by THE HOUSE OF PACIFIC 

a0196251_2412114.jpg

友人とランチへ行ってきました(^-^)

a0196251_240498.jpg



17階に位置するレストラン 神戸の街並みが展望できます。
店内はオープンキッチン、広々していて明るく、スタッフの方も良い方ばかり


落ち着いた雰囲気の中でゆったりとランチを楽しめます♫

a0196251_241511.jpg


さて、お料理ですが6コースに分かれています。
私たちがオーダーしたのはオリエンタルランチ
前菜、スープ、メイン、そしてデザートのコースです。

Appetizer
a0196251_241268.jpg




Soup

a0196251_2413675.jpg




Main
お魚かお肉のどちらかをチョイス♫

a0196251_241811.jpg


a0196251_2411355.jpg


Dessert

a0196251_24141100.jpg


a0196251_2414538.jpg


どれも美味しく、量もちょうど良い(^-^)
もう一つ上のでのイイかなって思いますが、デザートがある分こちらの方でも満足です。

美味しいものをいただきながら、会話も弾み気付けばザッと3時間~4時間近く経過!
いくら、ゆっくり出来るとはいえ、これには友人ともどもビックリ、お店を後にしました(*^^)

また食事に行きたい^^そして泊まってみたいな~♫


☆゚・*:.。.☆゚・*:.。.☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆

乾物好きです♪

切干大根やひじき
戻す量を間違えると、大量になり「どうしよう~」ってな事にもなるのですが、
最近は、煮物に、酢の物にと分けたりしています。

「おばんざい」が定番のこの2つだったのですが、最近はホント、何にでも合わせ
洋もののサラダにも入れたり、ひよこ豆と合わせたりも♫

とか書きながら
定番の切干大根の炊いたんです。。。
切干大根と糸こんにゃく、人参を入れて^^

a0196251_3252249.jpg




今回使った糸こんにゃくは日本から持参したもので永源寺こんにゃくのもの(高島屋で購入)
コシがあり、美味しいです。
冷蔵庫に入れておくと、けっこう日持ちするので賞味期限に関係なく使っています`r(^^;)ポリポリ

<覚書レシピ>

水戻しした切干大根(戻し汁は取っておく)
糸こんにゃくは下茹で(沸騰した湯の中に入れて3分程)
人参は千切り

出汁120ml、戻し汁80ml=200ml みりん、薄口しょうゆ各25ml
ルクルーゼを使って。最後は蓋を取り煮汁が少し残る程度まで煮ていく。
味見てちょい濃い目で丁度良くなる。
by orangeleaf-an | 2013-08-01 01:44 | 日本 | Comments(0)
味所望
夏越祓

その昔、宮中の人々は氷室から氷をを取り寄せ、氷を口にして暑気払いをしていました。
一般大衆の手には入りにくい為、氷片の形をしたお菓子「水無月」を食すようになったようです。

a0196251_7195052.jpg



京都では6月30日は「水無月」を食べる日
1年のちょうど折り返しにあたるこの日に(六月三十日)に
この半年の罪や穢れを祓い、残り半年の無病息災を祈願する行事が
あるそうです。


どんなお菓子かというと

外郎(ういろう)生地に煮た小豆をのせて三角形の形をしたお菓子です
三角形の形は氷を表し、小豆は厄除けの意味があります。


☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆

和菓子が神事と密接なら、日本料理も然り。。。

「水無月真蒸」
a0196251_7191261.jpg


「水無月」に見立てて作られたお料理

☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆


「味所望」
a0196251_7201465.jpg


 
私が師とする日本料理(日本での)の先生のお店
先生はもともとは「吉兆」で修行され、その後「味吉兆」で
料理長を務めておられました。
その料理長時代にミシュランの星を頂いています。

a0196251_22514712.jpg


そのような先生に教えていただく日本料理
いつも美味しく、な~る程と納得のいくレッスンなので、
毎月、帰国したいくらいです(笑)

その先生のお店(今年の4月にオープン)で5月、6月と舌鼓をうってきました^^

先附 とろろ豆腐 黄パプリカ キャビアとオクラ添え
a0196251_22523029.jpg


お椀 鱧 水無月真蒸 順菜 ハスイモ青柚子(↑の写真)
a0196251_22581140.jpg


造里 鯛 烏賊 鮪
a0196251_22591457.jpg


お凌ぎ 焼き鱧飯蒸し
a0196251_22592684.jpg


八寸
丸十レモン煮 枝豆 新蓮根黄身酢 海老芋寿司 鰯幽庵巻 松風 梅フキ フォアグラ百合根ゼリー寄せ 鱧キャピタン 八幡巻き 三度豆椎茸胡麻クリーム和え

a0196251_23016.jpg


焼き物 鮎備長炭塩焼き 蓼酢


a0196251_2312611.jpg


炊き合わせ 加茂茄子 湯葉 南京 花茗荷

a0196251_2314765.jpg


御飯  鯛飯 南京餅赤出し(写真なし><)

デザート ミックスゼリー 西瓜 マンゴー チェリー

a0196251_232495.jpg



お教室でならった「水無月真蒸」
京都人ではないけれど、作ってみようかな(^-^)
by orangeleaf-an | 2013-06-26 14:49 | 日本 | Comments(6)
choux à la crème シュークリーム
過去最長の日本滞在も終え
バンクーバーに戻ってきました(^-^)
a0196251_9331192.jpg



空港に降り立ち、
軽くキリリと澄んだ空気に触れると「バンクーバーに戻ってきたんだなぁ」と実感
日本の湿気の含んだ重い空気に比べ、こちらのは軽く爽やか^^ 
やはり空気は美味しいです♪

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

さてさて、日本滞在中はお教室三昧
いろいろと習得したと思うのですが、「お・さ・ら・い」しないと忘れそうです><

そのうちの一つ、シュー生地♪
a0196251_01388.jpg


コルドンでも習ったシュー生地ですが、こちらは滞在中に、何回足を運ばせていただいたであろうお教室Le bonheur

先生の作るお菓子の数々にすっかり虜になってしまいました(笑)


卵液をどこまで入れる?
a0196251_023056.jpg

しっかり混ぜる、はどこまで?
a0196251_024461.jpg


よく本などに
「ひとかたまりに・・・」
「生地がおじぎするまで・・・」などなど記載がありますが、
その言葉の表す本当の目安
実際に目で見て習えて「な~るほど!」

a0196251_92634.jpg


シュー生地、生地を持ちあげて落とした後、ヘラに三角形が残る固さ(↑の写真)
焼成中は生地は膨らむまでオーブンを開けない
等など色々と学べました(^-^)

出来上がったシュークリーム♪

a0196251_901873.jpg




可愛い~FAUCHONのお皿に・・・
a0196251_9203036.jpg


クリームがびっしり(でも、重くなく軽い)
a0196251_9205257.jpg

「美味しい~ヾ(*≧∀≦)ノ゙」

クリーム系が苦手な私ですが、ぺろりと完食してしまいました。


今は何でも便利なものがあり、いくらでも簡単にできる世の中
ちょっとした手間を惜しまないないで、キッチリ作ることで一段も2段も美味しくなる♪
丹精込めて作るから愛もつまってる^^ってね~(笑)


シュー(choux)
フランス語でキャベツの意
形がキャベツに似ていることから、この名前になったとか^^
by orangeleaf-an | 2013-06-20 01:39 | 日本 | Comments(4)